TOP > 野菜 山菜 > 山菜

ほろ苦い春の香り、庄内山菜セット

山菜

山菜王国と言われる山形で、人気の山菜を詰合せしました。
厳しい冬を乗り越え、雪解け水をたっぷり含み、みずみずしく育った庄内の山菜は、まさに自然からの贈り物。 山菜ならではの味わいは、春の訪れを感じられる季節のおもてなしにぴったりです。
また、冬の間に溜まった老廃物を流す滋味として、お召し上がりいただけます。
アク抜きの仕方も記載しておりますので、手軽に山菜料理を楽しめます。



独特のほろ苦さが楽しめる「山うど」

すがすがしい芳香とみずみずしいサクサクとした歯ざわりは、洗ってそのまま生でサラダのように味噌やマヨネーズをつけるといくらでも食べられそうです。
春の魚、にしんと一緒に煮付けにすると、独特のほろ苦さがまた魅力です。

赤みを帯びた皮が特徴「月山筍(がっさんだけ)」

“筍の王様”とも呼ばれる細竹(ネマガリダケ)に分類される「月山筍(がっさんだけ)」。赤みを帯びた皮が特徴で、“赤いダイヤモンド”とも呼ばれ珍重されています。庄内地方では、古くから宿坊で食べられていた伝統の食材です。
山菜といってもアクが少なく、そのまま調理できるのも魅力。火を通せば、さっくりとした歯ごたえとコクのある甘みを堪能いただけます。

一手間かけて旬を楽しむ喜び「わらび」

昔から春の山菜の代表格でもある「わらび」。
灰汁(あく)抜きが大変だから敬遠されがちですが、お湯が沸騰したら付属の重曹と一緒に一晩置くだけ。ひと手間かけて、絶妙な旬の香りを楽しんでいただきたい一品です。
煮物にするのがオススメです。

手間いらずでジューシーな味わい「アスパラ」

旬の「アスパラ」は、食べ応えと旬ならではのジューシーな甘さが楽しめます。
どんな料理にも合いますが、さっと茹でてマヨネーズをかけたり、バーベキューのように網焼きにしても美味。
ジューシーで爽やかな味わいをご堪能下さい。




旬のものを味わうことは、心にも体にも大切な栄養。
春の香りをたっぷり吸い込んで、さまざまなお料理で存分に味わってみませんか。