TOP > 洋菓子 スイーツ > チョコレート > ルシエル生チョコ

―上質極まれり
香りと口どけの、大人の生チョコレート

ルシエル生チョコ

バレンタインに自信を持ってオススメしたい、 とっておきの本格生チョコです。
山形県河北町の「ル・シエル」さんが作る、豊かな香りで贅沢気分になれる生チョコ。その口どけのよさに、スタッフが感動した、新しい美味しさをご堪能下さい。



パティシエについて

この上質生チョコを作ってくれているのは、山形県の名店、「ル・シエル」のシェフパティシェ、日下部(くさかべ)浩一さん。
山形県河北町に生まれ、高校卒業後スイスに渡り、スイスの日本大使館、日本国内の有名フランス菓子店で修行を行い、地元河北町に店を構えました。
スイスのチョコレート専門店ステットラーで働いた経験などを活かし、素材、風味にこだわったオリジナルのスイーツを生み出しています。

お菓子の仕上げは、ギリギリまで対象に近づいて!という師匠の教えを守り、仕上げの最終チェックも厳しい日下部さん。お菓子を作るときは真剣ですが、普段はとても笑顔が素敵なシェフ。こだわりや、熱い思いを次々とお話してくださいます。

「生チョコは口溶けと香りの立ち方が重要」

これは日下部さんが語った言葉。
その言葉通り、この生チョコはなんと言っても口溶けのよさが特長!

口に入れると柔らかに溶けていき、最後は意外なほどあっさりとした後味。 常温にしばらく置いてから食べるとまた食感が変わります。
そして、香ばしいカカオの風味が心地よく鼻腔を刺激します。

お客様の声

冷えた状態でも口どけなめらか

お酒が効きすぎていて、冷蔵庫でひやすと固くなってしまう、というのが市販の生チョコの印象でした。
だけど、これは冷蔵便で届いてすぐの冷えた状態でも口どけがなめらかで、驚きました。
洋酒の苦手な人が求めていた生チョコはまさにコレです^^ (購入者 様)

チョコとアールグレイの割合が理想的

ビターは舌がピリピリする苦さがなくて何個でも食べてしまいます^^チョコのあまったるい後味を、ビターな香りがスッキリとさせてくれる、このバランス感が最高です!
アールグレイはチョコとアールグレイの割合が理想どおり^^よくある「無理やり香りをつけました!アールグレイっぽいでしょ?」というものではなかった!(舞 様)

渋みが利いた大人のチョコ

一口食べてカカオの苦味というか、渋みがいい感じに利いた大人のチョコだなと思いました。
私はチョコは柔らか目が好きなので、常温でしばらく置いてから食べました。
生チョコだから冷やしてもカチカチになることはないのですが、常温に戻すとさらに口の中でとろけます。 まわりのカカオパウダーもたっぷりかかってて満足です。 (フランソワ 様)

何個食べても飽きません!

バレンタインのMyチョコに。上品な甘さで口の中に香るカカオのほろ苦い香り。
満足する一口です。何個食べても飽きません。(メグネコ1971 様)

大人のお礼ができそうです

定番チョコもいいけど、これはお世話になったあの方に、大人のお礼ができそう。
今年のご用達はこれで決まり。(kero作 様)

チョコレートにうるさい主人も美味しいと高評価!

バレンタインに主人にプレゼントしました。
一緒に頂きましたが、アールグレイの香りが良く、とても美味しかったです。
主人はどちらの味もとても美味しいと言っていました。
チョコレートにはうるさい人なので、彼の中ではこれはかなり評価が高い物だと思います。 (購入者 様)




本命の彼にも、お世話になった方への義理チョコにも・・。
一つ一つシェフが丹精こめて作った、最上の口溶けの生チョコで、
至福の時間をプレゼントしませんか?