TOP > 郷土の食材 惣菜 ご当地グルメ > > 寒だら鍋

厳冬の日本海が育んだ味覚
旬の寒だらをご家庭で楽しむ

寒だら鍋

一年で最も寒い時期に日本海に回遊してくる真だらを山形では「寒鱈(かんだら)」と呼びます。

脂ののった寒だらのオスを丸ごと味噌仕立てにした「どんがら汁(寒だら鍋)」は庄内の冬の味覚の王者と言われ冬一番のごちそうとして地元の人々に愛されています。
冬しか食べられない庄内の絶品鍋をご家庭でどうぞ。



庄内冬の名物「寒だら鍋」

真だらは、一年で一番寒いと言われる大寒の頃に旬を迎えます。
1月下旬から2月上旬にかけてますます脂がのり、丸々と太った寒だらが水揚げされる姿は圧巻です。
この寒だらを余すところなく使い、豪快に作る「寒だら鍋」は山形県庄内地方の名物。毎年1月下旬には、庄内各地で「寒だら祭り」が行われ、雪の舞う中たくさんの人が熱々の鍋に舌鼓を打ちます。

クリーミーな味わいが絶品!ダダミ

頭から内臓まで捨てるところはないと言われる「たら」。
寒だら鍋の味の決め手は、「アブラワタ(肝臓)」と「どんがら(アラ)」を丸ごと味噌で煮込むことで出る深みとコクです。
旬の寒だらの肝臓は、他とは比べ物にならないくらい濃厚な味わい深さ!他の調味料やダシは使いません。

また、プリッとしたダダミ(白子)は寒だら鍋の醍醐味。
豪快な鍋ながら繊細かつ上品なクリーミーな味わい。とろけるような口あたり、ふくよかな旨みに圧倒されます。

鍋将軍4度連続獲得!

山形県天童市で毎年冬に行われる「平成鍋合戦」。県内外から集まった自慢の鍋がその味を競い合います。

過去には、酒田商工会出品の「庄内どんがら汁」が、一番最初に100杯を売り切った鍋に与えられる称号「鍋将軍」をなんと4度連続獲得。
30種類以上の鍋がある中、3分20秒で100杯を売り切ったという記録が残っています。

冬限定の名物鍋をご家庭で

白子も楽しめる、希少な庄内・由良産のオスの「寒だら」を食べやすく切り身にし、磯の風味豊かな「海のり」をセットにしてお届けいたします。

寒だらを味噌で煮込み、お好みで豆腐とねぎを加え、最後に海のりをさっとかければ、本場さながらの「寒だら鍋」の完成です。
白い湯気が立ち上る汁を磯の香りとともに一口すすれば、体中に染み渡る寒だらの旨み。味わうごとに身体の芯まで温まります。




1 件中 1-1 件表示 

寒だら鍋 【真鱈 ドンガラ汁 山形県産地直送 日本海の幸】

《今季の受付は終了しました》
寒だら鍋 【真鱈 ドンガラ汁 山形県産 産地直送 日本海の幸】

5,150円(税込)

お届け時期(日付指定不可)
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

準備中



1 件中 1-1 件表示