TOP > 郷土の食材 惣菜 ご当地グルメ > スープ > 三元豚ワンタンスープ

話題のお店のワンタンスープ

三元豚ワンタンスープ

三元豚の旨みがしみだすチャーシューと口の中でつるっととろけるような食感の三元豚入りワンタンは
鶏ガラベースの醤油スープも絶品。
一度食べたら、やみつきになるふわふわの「福家の味」をご自宅で心行くまでご堪能下さい。



昔ながらの味わいで地元のウワサに!福家そばやさんの歴史

創業昭和32年の福家の由来は、初代竹内伊勢松氏が洋服の仕立て屋だったことに始まります。
そのことから「福家そばや」と名づけました。

その初代より技を引き継いだ二代目竹内健氏が、技術を磨き「薄さ」と「つるっ」とした食感のワンタンを作り出しました。
秘伝の皮と厳選した具材で作り上げた、昔ながらのワンタンは、地元で噂となり、「宝探しに来る」ような立地にもかかわらず、現在では、ワンタンメンで行列のできる店として人気を集めております。 まさに、「初代が耐えて、二代目で花咲いた」といえます。

つるっとなめらかな舌触りのこだわりのワンタンが絶品!

初代から引き継いだ技を、今でも大切に継承して作っているワンタンの皮。

その素材は、小麦粉、水、かん水、塩といたってシンプル。
調理場の下にある地下室で、その日の天候や湿度・気温で微妙な調整をして作られたワンタンの皮は、新聞が透けて読める程の薄さです。
薄いけれど、茹で上げても簡単にはやぶれないし、伸びにくい。ワンタンの皮を均一に薄くすることによって、「つるっ」となめらかな舌触りにすることができたのです。

また、店主自ら選び抜いた三元豚ひき肉、塩、こしょうから成るワンタンの具材。
ただ包むのではなく、スープや麺との相性を考え、なおかつ具材の持つ個性を損なうことがないよう吟味を重ねました。
熟練した技で、わずか2秒で包み上げる技術は、まさに名人芸。口の中で広がるワンタンとのハーモニーは絶妙です。




本来ならば、地元山形でしか食べられない味が、
改良に改良を重ねることで、
全国の皆様にお届けできることになりました。
つるとろっのワンタンとスープ美味しさをお楽しみ下さい。

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示