TOP > 清川屋のさくらんぼ > 種類で選ぶ > 佐藤錦 > 特撰佐藤錦 > 大粒バラ詰め

特選佐藤錦
大切な方にワンランク上の贈り物

大粒バラ詰め

蓋をあけると、思わずため息がこぼれるほど美しい鮮紅色。
秀撰佐藤錦よりもさらに色づきが良く、着色率80%以上と厳選したものが「特撰佐藤錦」です。
甘さが強いのはもちろん、佐藤錦本来の酸味もあり、より深い味わいを楽しめます。



食べ応えのある大粒2Lサイズを厳選し、バラ詰めに

特撰佐藤錦大粒

M〜Lサイズが主流の佐藤錦ですが、年々人気が高まっているのが大粒2Lサイズの佐藤錦です。
贈答品として手詰めされることの多い2Lサイズを、より手軽にお楽しみいただけるのが「特撰佐藤錦大粒バラ詰め」です。
秀撰佐藤錦よりもさらに色づきの良いものを選別しているため、深紅の色合いと濃厚な甘さはそのままに、食べ応えのある大粒だけを厳選しました。
佐藤錦を食べ慣れている方にこそ食べていただきたい、深い味わいが特徴です。

お客様の声

スーパーのさくらんぼとは格段の違い!

やっぱりさわやかな味・うまい!もうちょっと奮発すべきだった(500gではもの足りん・・・)。
スーパーで買ったやつとは格段の違い! (購入者 様)

毎年粒ぞろいでおいしい!

少し高いですが一年でこの時期だけのものですので、少し奮発してでも食べて正解でした。 (購入者 様)

酸味と甘みがほどよいです

特撰佐藤錦バラ詰めとさくらんぼちゃんを頼みました。
食べ比べてみると、やはり特撰は特撰ですね〜(笑) もちろん、さくらんぼちゃんも近くのスーパーで購入する品物に比べたらまったく違うのですが…。
糖度も高く、でも上品な甘みにうっとりでした。
年に一度の楽しみなので、来年もまた特撰を注文しようと思います。 (購入者 様)

スーパーのさくらんぼとは訳が違う!

大変喜んでいただきました。我が家にも一つ注文したのですが、今年食べたサクランボの中で一番おいしいと家族で評判でした。
友人があまりの美味しさに自分でも注文しようと思ったら、終わってた〜来年に期待!という連絡をくれたので、宣伝しておきました。 (購入者 様)



こだわりの逸品「特撰佐藤錦」を、ご贈答でも、ご家庭でも。

口の中ではじけて甘酸っぱい
初夏の幸せを、大切な人と味わう。

一年に一度の旬の味覚だからこそ、ワンランク上の美味しさをご堪能下さい。

2 件中 1-2 件表示 

特撰佐藤錦 大粒バラ詰め 2Lサイズ500g 【山形県産さくらんぼを産地直送 お中元ギフト・初夏の贈答用に高級フルーツ 清川屋のサクランボ】

特撰佐藤錦 大粒バラ詰め 2Lサイズ500g 【清川屋のサクランボ】

5,800円(税込)

お届け時期(日付指定不可)
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
数量
詳しく見る

特撰佐藤錦 大粒バラ詰め 2Lサイズ1kg 【山形県産さくらんぼを産地直送 お中元ギフト・初夏の贈答用に高級フルーツ 清川屋のサクランボ】

特撰佐藤錦 大粒バラ詰め 2Lサイズ1kg 【清川屋のサクランボ】

11,000円(税込)

お届け時期(日付指定不可)
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
数量
詳しく見る


2 件中 1-2 件表示 

大切な方にワンランク上の贈り物「特撰佐藤錦」

手詰め

蓋をあけると、思わずため息がこぼれるほど美しい鮮紅色。
秀撰佐藤錦よりもさらに色づきが良く、着色率80%以上と厳選したものが「特撰佐藤錦」です。
甘さが強いのはもちろん、佐藤錦本来の酸味もあり、より深い味わいを楽しめます。



地道な作業と徹底した味へのこだわりが生む、珠玉の一粒

特撰佐藤錦

佐藤錦は1ヶ所に10粒前後の実をつけますが、「特撰佐藤錦」は、これを2〜3粒まで摘みとり、残りの実に栄養を集中させることで、より大きく味の濃いものに育てていきます。
しかし、一本の樹に4000粒もの実がなる佐藤錦から一粒一粒を見極め、手作業で選別するのは、気の遠くなるような作業です。
「欲張らず、手の掛けられる面積しか作りません」という、徹底した味へのこだわりを持った農家さんだけが育てられる珠玉の一粒です。

色づきを厳しく管理

特撰佐藤錦

着色率80%以上の特撰佐藤錦。箱詰めの際は、色づきのよいものを厳選しています。
さらに、さくらんぼの色みを厳しくチェックするために、あえて日光を遮り、蛍光灯の下で作業を行うことで、 色づきのいいさくらんぼだけを詰めています。

誰でも特撰がつくれるわけじゃない!

特撰佐藤錦

「一番大切なのは、冬の間に行う枝を剪定する作業です。樹のクセを見て、余分な枝を切り落として栄養の行き渡らせ方を計算して・・・何年もかけて理想の格好いい樹に育てないと特撰にならないんだ。」と滝口さん。

特撰佐藤錦

「完熟までずっと待ってれば真っ赤に色づくと思われてるけど、剪定、摘果、肥料のやり方とか丁寧に管理しないと着色が途中で止まって濃い赤にならないんだ!長年やってても気が抜けないね。」とは奥山さん。
地元企業ならではの農家さんとの信頼関係が清川屋の品質を支えています。