TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > だだちゃ豆情報 > だだちゃ豆コラム

だだちゃ豆コラム


「だだちゃ豆」とは?

だだちゃ豆は、山形県鶴岡市郊外の白山(しらやま)地区で生まれた在来野菜の枝豆です。 山形県鶴岡市でしか栽培されない特産品です。 噛めば噛むほど味わいが増し、旨みと甘みが広がる美味しさで、「枝豆の王様」とも呼ばれています。 茶豆の一種で、さやに茶色いうぶ毛が生えているのが特徴です。 わずか数軒の農家が、江戸時代から代々その美味しさを守り続けてきました。

 

ところで「茶豆」とは?

実は「枝豆」とは「大豆」を完熟する前に収穫したものなのです。 その完熟した大豆の種皮の色で白豆、黄豆、青豆、黒豆などがあり、だだちゃ豆は「茶豆」に属します。 どんな豆でも枝豆の段階では豆の色は緑色。だだちゃ豆は薄皮が茶色です。

 

「だだ茶豆」ではないの?

茶豆の一種でありだだ茶豆と変換されることも多いのですが「だだちゃ豆」です。 由来も諸説あるので詳しくはだだちゃ豆の由来・歴史編で。

 

「だだちゃ豆」と「枝豆」の違いは?

お店でもお客様から聞かれることが多いのですが、「だだちゃ豆」は枝豆です。 枝豆の中でも山形県鶴岡市でしか手に入らない美味しい枝豆、ブランド豆です。 他の枝豆に比べて小ぶりで、豆の間が深くくぼんでいます。 また、さやにしわが寄っていて、表面に細かい茶色のうぶ毛が生えているのが特徴です。  

「だだちゃ豆」はどこで栽培されているの?

庄内平野の一角、山形県鶴岡市で栽培されています。 だだちゃ豆はとてもデリケートな枝豆で、栽培する土地が合わないと風味が落ちてしまいます。 鶴岡市は、だだちゃ豆が美味しく育つ特別な環境が整っているのです。 清川屋では鶴岡市内でも3つの地域にわけて「白山」「寺田」「特撰」とご紹介しています。



「だだちゃ豆」の収穫時期はいつ?

だだちゃ豆は7月下旬〜9月にかけて収穫されます。 最盛期は8月中旬〜下旬の本豆の時期です。 清川屋では収穫時期ごとに「極早生」「早生」「本豆」「晩生」をご紹介しています。


≫さらに詳しい情報や農家さんへのインタビューも 「だだちゃ豆情報」 続きはこちらから