TOP > 野菜 山菜

TOP > 野菜 山菜 > 里芋

TOP > 通販カタログのご案内 > こころづくし山形 秋号

TOP > 季節イベント > 秋の味覚特集

数軒だけが守り伝えた秘伝の里芋

山形県村木沢の悪戸(あくと)地区で、数軒の農家だけが栽培してきた希少な伝統野菜です。
他の里芋よりもきめが細かく、絹のようにとろける食感、 それでいて長時間煮ても煮崩れしにくいので、山形の郷土料理「芋煮」にぴったり。
毎年人気の逸品えすので、お早目のご予約がおすすめです。

≫「幻のあくと芋」について 詳しくはこちら

《今季の受付は終了しました》
幻のあくと芋 【クリーミーなコクの幻の里芋!芋煮にもどうぞ 山形県産在来野菜あくといも】

商品番号 IA145

3,980円(税込)

[ 送料パターン 産直常温便 ]

お届け時期(日付指定不可)

準備中


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
アイテムイメージ
拡大 Prev Next

アイテムイメージ

アイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ

ギフト対応いたします 配送-常温産直-2
注意事項

※お届け日のご指定はご遠慮ください。
天候や収穫状況により、お届け時期が前後する場合がございます。
旬の時期にお届けいたしますので、予めご了承ください。

お受け取りできない期間(平日、時間帯、長期不在の予定など)がございましたら、通信欄にご記入ください。

商品詳細
名称

里芋

内容量

あくと芋 約2kg

産地 山形県山形市
保存方法 冷暗所で保存してください。到着後はお早めにお召し上がりください。
販売者 株式会社 清川屋
山形県鶴岡市宝田1丁目4-25
※包装・パッケージは予告なく変更になる場合がございます。



豊富な水源と砂地が育くむ、幻の里芋

「幻のあくと芋」は、山形市西部の悪戸(あくと)地区で数百年前から栽培されてきた在来野菜です。
悪戸とは、川沿いの土地(縄文語でアクツ)という意味を持ち、その名の通り、豊富な水源と砂地が良質の里芋を育てます。しかし、市場にはほとんど出回らないため地元山形でもなかなかお目にかかれない幻の里芋です。

以前は自家用に栽培されており、一般販売されないあくと芋の種を守り続けていた農家さんはわずか5軒。
何百年も続くその種を絶やすわけにはいかないという思いで栽培管理が難しいあくと芋を大切に育て、少しずつ生産量を増やしてきました。

とろける舌触り・ねばり・コク

絹のようにきめ細かく、もちもちとした食感で一口食べれば、クリーミーなコクに驚かれるはず。
長時間煮ても煮崩れしづらいので山形の秋の郷土料理「芋煮」にもぴったりです!
里芋が傷つかないよう収穫はすべて手堀り。旬の美味しさをそのままに、土付きでお届けいたします。

お客様の声

1度は食べた方がいい

テレビで悪度いもをやっていて、どうしても食べたくなり注文しました。今まで食べた里芋の中で1番美味しいです!
煮っころがしにしたのですが、ねっとりしていて美味しかったです。
決まった期間しかないので来年またリピしたいです。(ご購入者 様)


こんなに美味しい里芋食べたことない!

まず皮を包丁でこそげ落とす時から全然違って…あのヌルヌルがなくて手もかゆくならない。
だからって煮るとぽってりヌルヌル。
煮くずれせずに煮えて、本当に美味しいお芋でした。(ご購入者 様)


美味しい!

絹のようなぬめりと繊細な風味に仰天。またリピします。感謝。(takami3315 様)

調理イメージ


あくと芋



山形の郷土料理「いも煮」にもピッタリ!
毎年人気で即完売必至!ご予約はお早めに!