清川屋だより

*さくらんぼ生育日記* まんべんなく赤く色づかせる為に・・

 

いよいよ、日増しに大きくなり始めた佐藤錦。

この時期に、農家さんはどんな作業をしているのでしょうか?
それは、「葉摘み」の作業です。
さくらんぼにまんべんなく日が当たるよう、葉を摘んでいきます。

太陽をたっぷり浴びて、
より赤く、より大きく実らせるためには、とても大切な作業。

ただし、必要以上に葉を摘みすぎると、
さくらんぼに栄養がいかなくなってします>_<
逆に、葉を残しすぎると色づきにムラがでてしまい、
高品質のさくらんぼになりません。

どの葉を摘んで、どの葉を残すか・・。
その見極めこそが、長年の経験。一つ一つの地道な作業に、
農家さんの毎年の試行錯誤が活きてきます。

また、さくらんぼの木の下に、光を反射させるシートを敷く作業も進みます。

太陽の光を反射させて、下からも光を当てることで、
まんべんなく赤い美しいさくらんぼになるんですよ。

 

清川屋さくらんぼ特集へ ≫≫≫≫≫

 
ページトップへ