清川屋だより

大玉ラ・フランス物語第1話 ~どこにもないようなものが欲しいんです!~

こんにちは。清川屋 の佐藤です。

山形の秋~冬の味覚、「ラ・フランス 」。
中でも4~6Lの「大玉ラ・フランス 」が今人気です。

実はこの「大玉ラ・フランス」という名前、始まりは清川屋なんです!
清川屋と大玉ラ・フランスが出会って十数年。
その出会いにはドラマがありました・・・

このお話を4回に分け、「プロジェクト○」風につづっていきたいと思います(笑)

ではでは、第1話、どうぞお楽しみください。

大玉ラ・フランス物語第1話 ~どこにもないようなものが欲しいんです!~
=======================================================================

清川屋の大玉ラ・フランス 。

その特徴は、大きさだけではない。

清川屋の大玉ラ・フランスを食べた人はこう語る。

「今まで食べてたのと違う。」

とろけるような舌触り。切った瞬間に部屋中にひろがる心地よい香り。
口いっぱいに広がるたまらなくジューシーでとろける果肉。

何よりも、その味わいの濃さ。

何が、一体違うのか。なぜ、違いが出るのか。

そのヒミツを解き明かすため、 その歴史を語らなくてはならない・・・。

* * * * * * *

はじまりは約11年前。

山形県鶴岡市という小さな町で、 野望にもえる若者達がいた。

さくらんぼやラ・フランス、だだちゃ豆。
山形県の特産品はたくさんあるが、 どこにでもあるお土産は扱いたくない。

「他と違う、  どこにもないような、ものを売りたい!」

山形県を 感動の品をもとめて 北から南。
走りに走った。 そして、ついに山形県上山市で噂を聞きつけた。

「みたこともない、すごいラ・フランスがあるらしい・・・・」

第2話 へ続く~

企画/運営/製作

 旬のグルメ・ギフト・フルーツ・スイーツのお取り寄せなら

【 お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋 】  

     ≪さくらんぼ・だだちゃ豆・ラフランス≫
  ~山形・東北のグルメ・特産品・お土産品の通信販売~

 
ページトップへ