清川屋だより

一番美味しいだだちゃ豆はどれだ!食味検査いってきました★

こんにちは!清川屋の睦美です(o^∇^o)ノ

本豆が続々と収穫されるこの時期、
枝豆の王様・だだちゃ豆 のなかでも“もっとも美味しいだだちゃ豆”を探べく、
今年も「だだちゃ豆官能評価会」を開催しました!

昨年は、清川屋本社で行った評価会ですが
今年は、慶應義塾大学先端生命科学研究所まで行ってまいりましたひらめき電球

キヨカワヤブログ -官能評価会かんばん
▲玄関にはこんな案内が!ドキドキです目

研究所の皆様と清川屋スタッフ、総勢12名で
まさに今収穫されている「清川屋のだだちゃ豆」を食べ比べ、
評価表に記入していくんですメモ

ちなみに0番は基準豆。
だだちゃ豆ではない、一般的な枝豆を基準として
「香り」「甘み」「旨み」の3ポイントで評価していきます。

キヨカワヤブログ -食味検査表
▲これが評価表。-3から+3まで、基準豆と比較して書いていきます。

まず基準豆をパクリ。
そして1番、2番、3番の豆をパクリ。

      食味とはいえ…う~~ん、美味しいラブラブ

食味ということを忘れて、
ただただ美味しいだだちゃ豆を堪能してしまいそうになりました(検査員失格ですね^^;)

キヨカワヤブログ -検査会風景-2
▲こんな感じで、テーブルにだだちゃ豆がずらりと並びます。

基準豆とだだちゃ豆の違いは、素人の私でも分かるくらい歴然!
同じ枝豆とは思えない!というくらい、違いがありました。

では、だだちゃ豆同士は…?というと、
これも面白いことに少しずつ違うんですえっ


1番は2番よりも甘みが感じられる、とか
3番は他の豆よりも噛みしめたときの香り立ちがいい、とか…

ただし、本ッッ当に微妙な差なので

清川屋スタッフだけでなく
プロの研究員の皆さんも「難しい!」「どれも美味しくて困った!」と苦笑いあせる

キヨカワヤブログ -検査会風景-1
▲みなさん悩みながら、評価表に点数をつけていきます。

きちんとした成分分析結果は秋口になってから、とのことですが、

私個人としては、
噛みしめるほどに甘みが広がる1番の豆が美味しかった音譜

評価会後に聞いてみたところ、1番の豆は白山産だだちゃ豆 だったらしい。
さすがは白山!深みのある美味しさに、個人的には大いに納得です合格

  *  *  *  *  *

ちなみに、いつもは塩で味付けをするだだちゃ豆ですが、
評価会ということで味付けは一切なし。

豆本来の味わいを比較していきます。

だだちゃ豆本来の風味を味わっての評価をしていたのですが
しばらくすると
「塩ほし~」「塩つけて食べたら絶対美味しいのに~」と本音がぽろりべーっだ!

キヨカワヤブログ -たまりかねて塩投入

たまりかねて、塩をつけて食べたところ、
塩の味わいが、だだちゃ豆の味わいをより引き出したらしく、
何もつけずに食べたときよりも、甘み&旨みがよりパワーアップ!

スタッフ一同「やっぱりこれだね!」と納得の味でしたチョキ

やっぱりだだちゃ豆は美味しい!
どれだけ食べても
まったく飽きてこないのだから、すごいですクラッカー

さて、清川屋のだだちゃ豆 、ただいま最盛期の本豆を受付中!
キヨカワヤブログ -だだちゃ豆特集
もうすぐ〆切間近ですので、お早めにお買い求めくださいね(っ´∀`)っ

 
ページトップへ