清川屋だより

クリスマス通信vol.03** 新作はクリスマスカラー☆アル・ケッチァーノ×清川屋!コラボケーキ

 

 
 

清川屋

こんにちは!清川屋の佐藤です。

先日ご紹介した「キャラメル・マジック」と「フランボワ・サンタ」。
実店舗でも大人気のようで、早くもカウントダウン@@!
ご予約多数で完売!というケーキも増えてきます。
どうぞお早めにご予約くださいね^^

さて、今日はアル・ケッチァーノ特集・前編です♪
2016年新作ケーキのなかでも、
…のクリスマスカラーのケーキ3種類をご紹介します。
個性豊かなケーキの数々!あなたはどれがお好みですか??

★クリスマスまであと10日!完売の前にお早めのご予約を★

 

全国的に知られるイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」
同じ山形県鶴岡市のお店として
共同開発した特別コラボレーションケーキが、2016年新登場です!

 

  山形県鶴岡市にあるイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」。
  山形・庄内の食材にこだわり続け、地産地消を牽引する、全国でも有名なレストランです。

  オーナーシェフである奥田政行シェフは、数々のメディアに取り上げられており、
  日本を代表するシェフとして、世界的に活躍されています。

  アル・ケッチァーノさんと清川屋との出会いは今から10数年前。
  オリジナルのクリスマスケーキを販売したい!と
  当時、徐々にメディアに取り上げられていた奥田シェフのもとを訪ねたのがご縁で
  現在までお付き合いが続いています。

  「奥田シェフはすごくお忙しい方なので、最近はめったにお会い出来ないのですが…」
  と商品開発スタッフ。
  シェフは笑顔の絶えない、とても話しやすい方で
  知識やアイディアが豊富、話の端々に山形・庄内への郷土愛を感じるそうです。

  シェフ同様、アル・ケッチァーノのスタッフの方も、
  山形・庄内の良さを知ってもらいたい!という、熱い情熱をもっている方ばかり。

  そんなアル・ケッチァーノさんと清川屋が共同開発したのが
  2016年新作のクリスマスケーキです♪

 

 
抹茶ズコット

  清川屋のクリスマスケーキで、根強い人気の「チョコズコット」。
  そのズコットのバリエーションを作れないか?というリクエストから生まれたのが、
  新作「抹茶ズコット」です。

  京都産の抹茶を、外側のクリームだけでなく、スポンジ生地にも練り込むことで
  しっかりと抹茶の味わいを感じられるケーキに仕上がりました。

  優しい口溶けのホワイトチョコレートクリームの中には、
  チョコチップとくるみが混ぜ込まれ、ザクザクとした食感も楽しむことが出来ます。

  4号サイズ(約12cm)なので、少人数で過ごすクリスマスにピッタリ!
  また、お料理でお腹が満たされてしまい、
  食後のケーキが食べきれない…というご家庭にもおすすめしたいプチケーキです^^

  食べ切りサイズの和テイストケーキで、パーティーを締めくくりませんか?

 

 

__________________________________
 

  「クリスマスらしい、彩りのある華やかなケーキは作れませんか?」
  そんな要望から誕生したのが「フランボワ・ロッソ」。
  可愛らしいデコレーションと、クリスマスカラーが美しいタルトケーキです。

  甘酸っぱくジューシーなフランボワーズムースの下には、
  ジョコンドショコラ(ココア風味のスポンジ生地)とクレームダマンド(アーモンドクリーム)、
  サクサクと香ばしいタルト生地…と贅沢な4層仕立てになっています。
  
  ちょっぴり酸味のあるフランボワーズムースと、中のジョコンドショコラとのバランスが絶妙!
  クリスマスディナーのあとにさっぱりとお召し上がり頂けます。

  華やかな見た目なので、女子会やママ会のデザートにもきっと喜ばれますよ♪

 

 

__________________________________

 

ホワイトクリスマス
  クリスマスの夜にぴったりのクリスマスケーキを作りたい、という想いから誕生したのが、
  真っ白なケーキ「ホワイトクリスマス」です。

  カスタードクリームと生クリームを合わせた特製クリームを
  ふわふわのスポンジでサンドしました。
  表面を覆うのは、ホワイトチョコレートコポー(チョコレートを薄く削ったもの)。
  優しい味わいと口どけに、思わず口元が緩んでしまいますよ^^

  「クリームにバニラを少し加え、少し重めに仕上げました」とのことですが
  軽い食感のスポンジとホワイトチョコレートのバランスが絶妙

  一度食べ始めると止まらないケーキになりました。

  探すと意外と見つからない、ホワイトチョコレートのクリスマスケーキ。
  優しい味わいのケーキをお探しの方に、是非試していただきたい逸品です♪
 

 
次回はアル・ケッチァーノ特集の後編!
新作「ビターチョコラート」と定番人気「チョコズコット」をご紹介します*^^*
どうぞおたのしみに!

 

 

  Q.奥田シェフのお店「アル・ケッチァーノ」…ちょっぴり珍しい響きだと思いませんか?
    一体どこの国の言葉でしょう?

       1. イタリア語    2. フランス語    3. 日本語

    クイズの答えは巻末でチェック☆

 
 
  
 
 

   
  ♪もういくつ寝るとお正月~
  そろそろお正月準備も本格的に考えたい時期ですね。
  
  お正月に欠かせないおもちですが、庄内地方では丸もちが主流。

  一般的に丸もちは関西以西に多く、東北地方では珍しいのですが、
  これは江戸時代、北前船で関西地方と交流があったためと言われているんですよ^^

  とはいっても、お正月のおもちは食べ慣れている形がいい!という方もいらっしゃるはず。
  清川屋の「出羽のもち」は、ご希望に応じて角もちでもご用意可能です。
  ご希望の方は、備考欄に「角もちで!」とご記入くださいね^^
  (申し訳ございませんが、女鶴もちは丸もちのみの販売となります。ご了承ください)

 
 
 
 
 

  
  週末、友人たちと一足早いクリスマス会をやりました。
  どうしても一度食べて欲しくて、「ほわいとぱりろーる生キャラメルスペシャル」 を持参。
  どきどきしながら感想を待つと…

  「わ!これ初めての感じ@_@」「スポンジしっとり~♪」
  「んまい~!これ、んまい~!☆」
  「このクリーム、はまる!!!」と、 口々にうれしい言葉が・・!思わず心でガッツポーズ!

  「このケーキなんて名前なの?」と聞かれる度に、
  「ホワイトパリロール・ナマキャラメル・スペシャル ダヨ」と、
  長い名前にロボットのようになってしまいましたが^^;

  印象的だったのが、
  「これ、ロールケーキなの?」といった友人が二人ほどいたこと。
  外側にもクリームがたっぷりなので、確かにロールケーキというよりは、まさにケーキ!なんですね。

  大人だけでのクリスマス会だったのですが、
  自宅で一口食べた2歳と5歳の子どもも美味しかったようで、食べた瞬間、にっこ~り♪していました!

  一足早いクリスマス会。美味しい!と言ってもらえ、
  ちゃっかりとクリスマスにどうぞ♪と宣伝もさせてもらい・・感謝の時間になりました^^

 

ほわいとぱりろーる生キャラメルSP   実は清川屋のクリスマスケーキは、
  クリスマス前後だけでなく、12月いっぱいお届けが可能なんです!

  わたしのようにちょっぴり早めのクリスマスパーティーにはもちろん、
  大勢の人が集まる年末に合わせてのお届けもOK!

  ホールケーキを存分に楽しめるシーズンは今だけです♪
  クリスマス用としてだけでなく、
  1年間頑張った自分や家族へのご褒美スイーツとしてもおすすめです!
  (WEBスタッフ 栗原)

 

 
 
 
 
 

  「アル・ケッチァーノ」って、どこの国の言葉なの??

     A.正解は… 「3.日本語」!

  日本語には聞こえない響きですが、
  実はこれ、奥田シェフが庄内地方の方言をもとにしてつけたもの@@

  美味しいものは山形・庄内地方にたくさんある!という気持ちから、
  「あそこにこんなものがあったよね」という意味の庄内弁「ある、けっちゃの~」を
  イタリア語風にアレンジして、お店の名前をつけたんだそうですよ!

  ちなみに…奥田シェフの他のお店も、庄内弁が由来になっていて…

   「イル・ケッチァーノ」=「いる、けっちゃの~」   訳:(奥田シェフが)いるお店だよね!
   「ヤマガタ サンダンデロ」=「山形産だんでろ」  訳:山形産ですよね
 
  イタリア風のおしゃれなお店の名前ですが、
  意味を知ると奥田シェフの山形・庄内に対する熱い想いがうかがえますよね^^

 
 
   
 
 


 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

*** 清川屋からのおしらせ ***

清川屋もInstagramはじめました♪
ただいまクリスマスケーキの写真をUP中です^^
よろしければ是非フォローしてくださいね!

  
  各種SNS更新中!
いいね!フォローもお待ちしています^^
株式会社 清川屋  〒997-0011 山形県鶴岡市宝田1-4-25 
(TEL) 0235-222-111 (FAX) 0235-222-112

 

●配信停止はこちらのページからお願いします。

 

 
ページトップへ