清川屋だより

*ホワイトデー通信vol.02* 女性の2大人気フレーバー≪苺&抹茶≫生チョコにズコット、3層の

 

清川屋

こんにちは!清川屋の佐藤です。

今日のホワイトデー通信は、
女性に人気の抹茶&いちごスイーツ特集♪
毎年人気の「ルシエル 生チョコ 抹茶&苺」に、
昨年から引き続き登場の「アルケッチァーノ 抹茶ズコット」。
そして…リクエストにお応えしてホワイトデーアイテムに復活した
ko・ha・ruルナ~苺~」など3商品のご紹介です^^

最後までお付き合いくださいね!

女性が大好きな2つの味を一度に楽しめる幸せな生チョコレート
ホワイトデー限定ル・シエル 生チョコ 苺&抹茶

  清川屋のホワイトデーアイテムの中でも、
  息の長い人気商品が「ル・シエル 生チョコ ~苺&抹茶~」。
  販売開始から10年以上。
  私も毎年ホワイトデー時期に再会するのが楽しみな生チョコです。

  この生チョコを手掛けるのは
  山形県河北町の隠れた名店「ル・シエル」のシェフパティシエ日下部さん。
  スイスのチョコレート専門店ステットラーで働いた経験もある、スイーツの達人です。
 
  そんな日下部シェフの作る生チョコの口どけは、
  「溶け」ではなく「解け」の字で表現したくなるような、“ほどけるような”繊細な舌触りが特徴。
  
  ホワイトチョコをベースにした今回の生チョコも、カカオバターの含有率が異なる、
   2種類の高級ホワイトチョコを絶妙な分量でブレンドすることで、口どけの良い生チョコに仕上げました。

   香りと口溶けを大事にする、シェフパティシエのこだわりが伺えます。

  「一口目の印象を大切にしたいんです。」と日下部さん。

   「なんだか懐かしい!」いちごミルクの味わいが口いっぱいに広がる
   「いちご」は可愛らしさをイメージしたそう。

  そんな苺味とは対照的に、口に入れた瞬間、程よい苦味にはっとさせられるのが「抹茶」味。

  苺と抹茶、女性が大好きな 2つの味を一緒に楽しめる、最高にシアワセな詰め合わせです。
  それぞれの生チョコの、味わいの違いをお楽しみ下さい。
  

   

__________________________________

チョコチップとくるみの入ったホワイトチョコクリームに抹茶がぴったり
≪ネット限定20台≫今年も販売♪「アルケッチァーノ 抹茶ズコット
抹茶ズコット

  山形県鶴岡市にあるイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」。
  山形・庄内の食材にこだわり続け、地産地消を牽引する、全国でも有名なレストランです。

  そんなアル・ケッチァーノさんとのコラボケーキの中でも
  長年、不動の人気を誇っているのが「チョコズコット 清川屋スペシャル」。

  ズコットケーキは、聖者の帽子をかたどったドーム型のケーキのこと。
  イタリアの都市フィレンツェで、ルネサンス期に誕生したと言われています。

  この人気のズコットを和テイストに、とのリクエストから生まれたのが「抹茶ズコット」です。

  京都産の抹茶を、外側のクリームだけでなく、スポンジ生地にも練り込むことで
  しっかりと抹茶の味わいを感じられるケーキに仕上がりました。

  優しい口溶けのホワイトチョコレートクリームの中には、
  チョコチップとくるみが混ぜ込まれ、ザクザクとした食感も楽しむことが出来ます。

  選び抜かれたひとつひとつの素材が
  ふわふわのホワイト生チョコクリームの中で調和し、抹茶との相性もピッタリ!

  大切な人と過ごすホワイトデーに、清川屋でしか手に入らないケーキ。
  ネット限定20台ですので、お早めにどうぞ!

 

__________________________________

ラブコールにお応えしてホワイトデーご予約受付いたしました♪
春限定!3層構造の苺チーズケーキ「ko・ha・ruルナ~苺~
koharuルナ苺
  「3つの組合せで食べたときの幸せ感はたまりません! 春はやっぱり苺ですね♪♪」
  と、心待ちにしているスタッフも多い、
  春限定のいちごのチーズケーキ「ko・ha・ruルナ~苺~」がホワイトデーギフトで数年ぶりに復活です!
  
  一番上には、清川屋の春いちごたっぷりのレアチーズムース。
  濃厚ないちごの甘酸っぱさと、チーズのまろやかさが絶品です!
  真ん中は国産バターで仕上げたコクのあるベイクドチーズケーキ。
  一番下は、サクッと香ばしいクッキー生地。
  3層が絶妙に重なり、美味しさのハーモニーと奏でます。

  この「ko・ha・ruルナ~苺~」に使われているいちごは、
  清川屋の農家さんが丹精込めて育てた「春いちご」を使っています。

  農家さんが最も美味しい時期を見極めて収穫した春いちごは、とても濃厚な味わい。
  雪国でじっくり育てた完熟いちごと、こだわりの3層のチーズケーキは相性抜群です!

  春らしい甘酸っぱく爽やかな味わいを、ホワイトデーに贈りませんか?
 

 
ほわいとぱりろーるチョコ   ホワイトデー商品も加わり、
  ただいま販売中のほわいとぱりろーるバリエーションは6種類。
  その中でも、長年お客様に支持されているのが
  「ほわいとぱりろーる~チョコレート~」です。

  ミルキークリーム×チョコレートのほっと心和む味わいは
  まるでミルクココアのよう♪
  甘過ぎないので幅広い年代の方に楽しんでいただけますよ^^
  チョコレート味は残り8本!残り僅かです…どうぞお早めに!
  (企画スタッフ 渡部)

  ※「ほわいとぱりろーる」シリーズはこちらから>>

 

  Q.ホワイトデーは実は日本発祥のイベントなんです@@
    そんなホワイトデーが誕生したのはいつでしょう?

    1. 昭和30年代    2. 昭和40年代    3. 昭和50年代

   クイズの答えは巻末でチェック☆

 
 
  
 

 

   
  限定品の多いホワイトデー特集。
  甘党の女性へのプレゼントにおすすめなのが、ホワイトデー限定「ミルクミ・キュイ」。

  ミルクチョコレートを使うことで、「プレーンミ・キュイ」よりも苦みを抑え、
  小さなお子様にも食べやすい、マイルドで優しい味わいに仕上げました。
  定番ミ・キュイがお好きな方はもちろん、
  もっと甘いものが食べたい!という方に是非お召し上がりいただきたい逸品です^^

  今日ご紹介したケーキや生チョコとご一緒の発送もOK!限定10台なのでお早めに♪

 
 
 
 
 

  男子フィギュアスケートに大感動した先週末。
  先日もスピードスケートで金メダルを獲得するなど、メダルラッシュの平昌オリンピック。
  時差がない分、リアルタイムでメダル獲得の瞬間に立ち会えるので
  テレビに釘づけの毎日です^^

  メダルを手に涙をこぼす選手の姿や、試合までのエピソードを聞いていると
  困難な状況を強い気持ちで乗り越えてきた方ばかりのようで
  すごいなぁと思う気持ちと、自分も頑張らなければと感じました。。

  まだまだ見ていたいところですが週末には閉会式。
  4年に一度の祭典、最後まで楽しみたいと思います^^ (WEBスタッフ 佐藤)

 
 
 
 
 

  日本でホワイトデーが始まったのはいつ?

  A.正解は… 「3.昭和50年代」  意外と最近なんです@@

  「バレンタインデーにチョコレートを贈ろう!」
  昭和30年ころに生まれた、日本独自のチョコレートを贈る文化ですが、
  世間に浸透したのは昭和40年~50年代といわれています。

  ホワイトデーが謳われ始めたのもほぼ同じ時期。
  何か貰ったらお返しをしなくちゃ、という心理をうまく利用した、
  とっても日本人らしい文化ですよね^^

  ちなみに「ホワイトデー」という言葉の由来には
  「ホワイトには“幸せを呼ぶ”“縁起が良い”という意味がある」からとか
  「白(ホワイト)は純潔のシンボル。ティーンの爽やかな愛にぴったり」だから…など諸説あるようです。

 
 
   
 
 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

来週もどうぞお楽しみに♪

  
  各種SNS更新中!
  いいね!フォローもお待ちしています^^
株式会社 清川屋  〒997-0011 山形県鶴岡市宝田1-4-25 
(TEL) 0235-222-111 (FAX) 0235-222-112

●配信停止はこちらのページからお願いします。
 
ページトップへ