山形特産品情報

2021年<6月6日~8日>果実の着色が進んできました!

いよいよさくらんぼの最盛期が近づいてきました!清川屋スタッフも産地入り。
6日から連日清川屋の農家さんを訪ねています。

 

今年は例年より生育が早く、霜害もあり、収穫量が少なくなってしまうという声が殆どの農家さんから聞こえてきました。
その分今年は大玉傾向になるそうです。

さくらんぼ農家さんの園地では、ちょうど葉摘みを行っているところでした。
さくらんぼの周りの葉を摘むことで、日当たりを良くしてさくらんぼの着色を進める作業です。
葉摘みも、葉を摘みすぎては光合成ができなくなってしまい、さくらんぼによくありませんが、行わないと葉が密集して病気になってしまうこともあるそうです。

 

やはりさくらんぼを育てるためには手間がかかります。
今年は量が少ないながらも、その分実ったさくらんぼは飛び切り良い物にしたいという農家さんの努力がうかがえました。
そして量が少ない中でも清川屋さんにはいいもの出さないとねと言ってくださることに感謝です。

 

 

本日より数箱ではありますが、佐藤錦の発送が始まりました。
発送の開始=〆切間近。ご予約はどうぞお早めに。

皆さまに今年も短い旬の味、お楽しみいただけますように。

この記事で紹介した商品はこちら

清川屋のさくらんぼ

清川屋は昨年累計17000箱を全国にお届け!
販売歴30年以上の実績と、農家さんたちとの
長年の信頼関係で、とっておきの一粒をお届けいたします。
佐藤錦誕生の地の農園の「元祖佐藤錦」など贈答品から
ご自宅用まで清川屋のさくらんぼをお届けいたします。

 
ページトップへ