山形特産品情報

白山・寺田・特撰・・「だだちゃ豆食べ比べ」体験レポート!

こんにちは、清川屋の栗原です。
先日、我が家に待望のだだちゃ豆食べ比べセット
が届きました!
 

 
圧巻の三種類!!
 

なにはともあれ、まずは一秒でも早くゆでる!!!
そして・・・
 


 
食べ比べ開始♪(だいぶ袋の中身が減っているのはつまみ食いetc・・・)
やっぱり、それぞれの味わいが違います!

 
まずは白山だだちゃ豆
ああ、今年も食べられた!甘さと旨みの安定感。コレコレ、これがだだちゃ豆!
 
次に・・寺田産だだちゃ豆
白山とは、またちょっと違う感じ・・なんでしょう、
甘味はちょっと控えめ?でも風味が強い印象!
 
最後に特撰だだちゃ豆
お!これもまた、だだちゃ豆感がたっぷり!
白山にも負けない甘味があります。ぐっとくる豆感です。
  


 
でも、また再度食べてみると、
粒によっても印象が違ったりして・・
 
あ、これもおいしい、ん?これもまた!おお、こっちもいいね!
なん て言いながら、
 
・・・エンドレスだだちゃ豆タイムが延々と^^;
 
もう今日はここまでーーー!と、えいやっと気合をいれないと
手が止まらないのが怖いところです。
  

3種類を食べ比べることで、
1種類を食べているときよりも、味の違いを感じようと、舌のセンサーをフル稼働させるので、より豆感を味わえたような気が!
なにより、3種類の豆の袋が並んでいるだけで、とても贅沢な気分に・・・♪
今年のだだちゃ豆を、満喫したぞーー!と、叫びたくなる満足感でした。

  
(余談)
3種類の豆を、並べて写真を撮っていると・・・
 

下から手がのびてきた!!!

3歳の娘が袋ごと強奪^^;
なぜか、寺田産の豆を
「これ○○ちゃんのマメーーー!」
と言って離してくれません・・
 
本当にすっかり、だだちゃ豆好きになった模様です。
先日のだだちゃ豆争奪戦ブログ参照^^;
   

さて、次はスタッフ志賀宅!
同じく食べ比べが開催されました。
   

* * * *
   

スタッフ志賀です。
食べ比べセット、『すぐに茹でねば!』と届いてすぐに3袋茹でました。
 

 
夕食でどのだだちゃ豆の減りが早いか、注目です・・!
(茹でながらのつまみ食いはどれも美味しかった!)
 
結果は・・大接戦!!!
 

↑豆のカラです
 
からの減り具合だと白山に軍配があがりました・・!
特撰は甘味が強いのが印象的。
旦那さんは寺田がいい!と言っており、
そして、白山は、気がつけば減っている・・
旨みと香りと甘味のバランスが絶妙なのでしょうか。
(長五郎さんの『甘ければいいってわけじゃないだろう』という言葉を思い出しました)
 

今まで、スーパーなどでいろんな枝豆が売っているのをみては買っていたけれど、
今回、食べ比べをしてみて・・あらためて、
清川屋の豆はやっぱりうまい!を強く実感した食べ比べでした。
 
ぜひ、この楽しさを味わっていただきたいです♪

  

だだちゃ豆食べ比べセット
の商品ページはこちら
 

この記事で紹介した商品はこちら

清川屋のだだちゃ豆

一度食べたら忘れられない甘み・旨味・コク 枝豆の王様、だだちゃ豆
毎年30,000袋以上をお届け!
清川屋ではまだだだちゃ豆が世に知られていない30年前から、一軒一軒渡り歩いて知り合った農家さんと信頼関係を深めてまいりました。地元企業ならではのネットワークを生かし、厳選した高品質のだだちゃ豆を県内外へとお届けいたします。

 
ページトップへ