山形特産品レシピ

山形名物冷やしラーメン!「山形冷しらーめん」セットでスタッフが作ってみた ※動画あり

山形特産品レシピ

材料

  • ● 山形冷しらーめんセット(4人前 麺、スープ、チャーシュー、海苔、一口こしょう)
  • ● きゅうり 1本
  • ● トマト 1個

作り方

  • 1.

    レシピ01

    セットの中身を確認します。(麺(150g×2玉入)×2袋、特製スープ×4袋、牛チャーシュー20g×2袋(8枚)、海苔×8枚、一口こしょう×4袋)

  • 2.

    レシピ02

    きゅうりとトマトを切ります。(今回はきゅうりとトマトですが、ねぎやメンマ、かまぼこなどもおすすめです) 

  • 3.

    レシピ03

    1人前の丼にスープを入れて冷水200mlを入れます(最後氷を入れない場合は250ml)

  • 4.

    レシピ04

    沸騰したたっぷりのお湯で4分30秒、麺を茹でます。

  • 5.

    レシピ05

    茹でたらザルにあげてぬめりが取れるまでよく洗います。

  • 6.

    レシピ06

    よく水切りをしたら丼に麺を入れます。

  • 7.

    レシピ07

    海苔、牛チャーシュー、トマト、きゅうりを盛り付けたら完成!(氷も添えてみました)

  • 8.

    レシピ08

    辛味追加はあっさり好きはコショウ(セットに入っています)。こってり派はラー油(こちらは入っていません)でどうぞ!

ワンポイント

量は結構ありますが追加の具材を入れるのがオススメです。
つい冷やし中華のノリで胡瓜とトマトにしましたが
かまぼこ、メンマ、味玉、ネギ、もやし等も合います。

ぜひ、麺はしっかりとよく洗って冷たくして、
氷を添えて冷え冷えのスープのおいしさを満喫ください^^


レシピ動画

このレシピで使われている商品はこちら

山形冷しらーめん

山形発祥のご当地ラーメン 元祖の味をご家庭で再現

北国でありながら、全国4位の最高気温記録を持つほど夏の暑さが厳しい山形県。暑い夏でもラーメンが食べたい、その想いから生まれたのが「冷しラーメン」です。

「冷しラーメン」を生み出したのは、山形市の栄屋本店。「蕎麦に冷たいのがあるのに中華そばの冷たいのは作れないか」との問いに、初代が一年がかりで研究し、昭和27年に初めて登場しました。今では全国的に有名になり、山形の夏のご当地麺として知られています。

 
ページトップへ