山形特産品レシピ

だだちゃ豆の美味しい茹で方

山形特産品レシピ

材料

  • ● 清川屋のだだちゃ豆 400g
  • ● 塩(洗う、茹でる、茹であがりの3回分をお好みの量で)

作り方

  • 1.

    レシピ01

    下準備として、鍋にたっぷりの水をはり、グラグラとするまで沸騰させます。

  • 2.

    レシピ02

    だだちゃ豆をざるにあけ、軽く水洗いし、塩をふります。(けっこう豪快になってしまいました。)

  • 3.

    レシピ03

    ゴシゴシと揉み洗いし、表面についている茶毛を落とします。

  • 4.

    レシピ04

    取れた茶毛を軽く水で流します。

  • 5.

    レシピ05

    さっと、ゆすいだだけですが、 こんなに茶毛が取れました。

  • 6.

    レシピ06

    グラグラと沸騰した鍋に塩を入れ、茹で時間に差が出ないよう、一気にだだちゃ豆を入れます。

  • 7.

    レシピ07

    お湯に入れるとだだちゃ豆の色が鮮やかな緑に変化します。時折菜ばしでかき混ぜます。

  • 8.

    レシピ08

    強火で2分半~3分。香ばしい香りが漂い、豆の口が少し開くものがみられるころ、味見をしてチェックしてください。

  • 9.

    レシピ09

    好みの固さになったら、素早くお湯から引き上げ、うちわであおぐなどして粗熱をとります。

  • 10.

    レシピ10

    最後に塩をまぶして出来上がり!

ワンポイント

・だだちゃ豆の美味しさのためには長湯禁物!大きめの鍋を使い、たっぷりの沸騰したお湯で、温度を下げずに短時間で茹でるのがポイントです。

・だだちゃ豆の鉄則は「届いたらすぐに茹でること」早く茹でて冷蔵庫へ。2日以内に食べてください。
※少しかために茹でて、冷ましてから冷凍すると1ヶ月ほど冷凍保存が可能です。

レシピ動画

このレシピで使われている商品はこちら

清川屋のだだちゃ豆

一度食べたら忘れられない 甘み・香り・コク。
枝豆の王様「だだちゃ豆」毎年30,000袋以上をお届け。
清川屋ではまだだだちゃ豆が世に知られていない30年前から、一軒一軒渡り歩いて知り合った農家さんと信頼関係を深めてまいりました。地元企業ならではのネットワークを生かし、厳選した高品質のだだちゃ豆を県内外へとお届けいたします。

 
ページトップへ