商品説明

賞味期限 / 原材料

レビュー

日本海が生んだ海の幸 芯まで温まる冬の風物詩

1年で最も寒い時期に旬を迎える真鱈を山形では「寒だら」と呼び、頭から尻尾まで丸ごと使って作る「どんがら汁(寒だら鍋)」は庄内の郷土料理として親しまれています。
どんがら(アラ)・肝臓・白子の旨味を味噌仕立てで煮込み、海苔をたっぷり乗せれば日本海の恵みが体中に染み渡ります。

imageM

庄内冬の名物「寒だら鍋」

真だらは、一年で一番寒いと言われる大寒の頃に旬を迎えます。 1月下旬から2月上旬にかけてますます脂がのり、丸々と太った寒だらが水揚げされる姿は圧巻です。 この寒だらを余すところなく使い、豪快に作る「寒だら鍋」は山形県庄内地方の名物。毎年1月下旬には、庄内各地で「寒だら祭り」が行われ、雪の舞う中たくさんの人が熱々の鍋に舌鼓を打ちます。

imageM imageM

クリーミーな味わいが絶品!ダダミ

頭から内臓まで捨てるところはないと言われる「たら」。 寒だら鍋の味の決め手は、「アブラワタ(肝臓)」と「どんがら(アラ)」を丸ごと味噌で煮込むことで出る深みとコクです。 旬の寒だらの肝臓は、他とは比べ物にならないくらい濃厚な味わい深さ!他の調味料やダシは使いません。 また、プリッとしたダダミ(白子)は寒だら鍋の醍醐味。 豪快な鍋ながら繊細かつ上品なクリーミーな味わい。とろけるような口あたり、ふくよかな旨みに圧倒されます。

鍋将軍4度連続獲得!

山形県天童市で毎年冬に行われる「平成鍋合戦」。県内外から集まった自慢の鍋がその味を競い合います。 過去には、酒田商工会出品の「庄内どんがら汁」が、一番最初に100杯を売り切った鍋に与えられる称号「鍋将軍」をなんと4度連続獲得。 30種類以上の鍋がある中、3分20秒で100杯を売り切ったという記録が残っています。

imageM imageM

冬限定の名物鍋をご家庭で

白子も楽しめる、希少な庄内・由良産のオスの「寒だら」を食べやすく切り身にし、磯の風味豊かな「海のり」をセットにしてお届けいたします。 寒だらを味噌で煮込み、お好みで豆腐とねぎを加え、最後に海のりをさっとかければ、本場さながらの「寒だら鍋」の完成です。 白い湯気が立ち上る汁を磯の香りとともに一口すすれば、体中に染み渡る寒だらの旨み。味わうごとに身体の芯まで温まります。

関連するコンテンツ

この商品を見た人は、この商品も見ています

原材料/賞味期限

名称 寒だら鍋
内容量 2~3人前:切り身・ガラ約500g(切り身2切れ)、白子約150g、海のり15g
※豆腐・ねぎ・味噌などは入りません。
※豆腐やねぎを入れて作った際に、お椀で3~4杯分の量とお考えください。
消費期限 冷蔵2日(出荷日含む)
保存方法 10度以下で保存

※天候により漁に出られない場合がございますので日付指定はご遠慮ください。

レビュー

  • 季節限定
クール便でお届け

日本海庄内、冬の風物詩
寒だら鍋

商品番号 S0187
¥ 5,350 税込
送料個別 ¥ 1,180
[ 54 ポイント進呈 ]
産直便 冷蔵便

同梱可能商品:

  • 常温便
  • 冷蔵便
  • 冷凍便
予約開始お知らせ登録がおすすめです
数量
4.25
4
  • 購入者
    大阪府 60代 女性
    投稿日
    だいぶたちましたが、ふるさとの味に大満足でした。ただ、友人を招いて食べるので日にち指定ができないのが不便です。獲れた時に発送してもらうというので仕方ないのですが、友人と日程が合わないと味を見てもらえないので本当に残念です。
  • 購入者
    神奈川県
    投稿日
    もう少し 身が多いと良かった 値段が高くなったのは わかるのですが…
  • 購入者
    神奈川県 70歳以上 男性
    投稿日
    以前山形のどんがら汁を知って、取り寄せて食べたところ、もう絶品 !! こんな美味しい食べ物があったのかと、家族一同ビックリ作り方を学び、材料を買いそろえて作って食べたら美味しくて家族一同病みつきになりました、今回又食べたくなったので、清川屋さんで本物のどんがら汁を食べたいと思い、取り寄せてふたたびあの感動を覚えました、今はどんがら汁と言わないで、寒だら鍋と言うらしいのですが、本当に美味しい山形の名物でした。
  • 購入者
    大阪府 女性
    投稿日
    祖父との思い出の味を懐かしく楽しみました。白子が濃厚でとても美味しかったです。これからも毎年楽しみにしています。

シェアする

商品説明

賞味期限 / 原材料

レビュー

日本海が生んだ海の幸 芯まで温まる冬の風物詩

1年で最も寒い時期に旬を迎える真鱈を山形では「寒だら」と呼び、頭から尻尾まで丸ごと使って作る「どんがら汁(寒だら鍋)」は庄内の郷土料理として親しまれています。
どんがら(アラ)・肝臓・白子の旨味を味噌仕立てで煮込み、海苔をたっぷり乗せれば日本海の恵みが体中に染み渡ります。

imageM

庄内冬の名物「寒だら鍋」

真だらは、一年で一番寒いと言われる大寒の頃に旬を迎えます。 1月下旬から2月上旬にかけてますます脂がのり、丸々と太った寒だらが水揚げされる姿は圧巻です。 この寒だらを余すところなく使い、豪快に作る「寒だら鍋」は山形県庄内地方の名物。毎年1月下旬には、庄内各地で「寒だら祭り」が行われ、雪の舞う中たくさんの人が熱々の鍋に舌鼓を打ちます。

imageM imageM

クリーミーな味わいが絶品!ダダミ

頭から内臓まで捨てるところはないと言われる「たら」。 寒だら鍋の味の決め手は、「アブラワタ(肝臓)」と「どんがら(アラ)」を丸ごと味噌で煮込むことで出る深みとコクです。 旬の寒だらの肝臓は、他とは比べ物にならないくらい濃厚な味わい深さ!他の調味料やダシは使いません。 また、プリッとしたダダミ(白子)は寒だら鍋の醍醐味。 豪快な鍋ながら繊細かつ上品なクリーミーな味わい。とろけるような口あたり、ふくよかな旨みに圧倒されます。

鍋将軍4度連続獲得!

山形県天童市で毎年冬に行われる「平成鍋合戦」。県内外から集まった自慢の鍋がその味を競い合います。 過去には、酒田商工会出品の「庄内どんがら汁」が、一番最初に100杯を売り切った鍋に与えられる称号「鍋将軍」をなんと4度連続獲得。 30種類以上の鍋がある中、3分20秒で100杯を売り切ったという記録が残っています。

imageM imageM

冬限定の名物鍋をご家庭で

白子も楽しめる、希少な庄内・由良産のオスの「寒だら」を食べやすく切り身にし、磯の風味豊かな「海のり」をセットにしてお届けいたします。 寒だらを味噌で煮込み、お好みで豆腐とねぎを加え、最後に海のりをさっとかければ、本場さながらの「寒だら鍋」の完成です。 白い湯気が立ち上る汁を磯の香りとともに一口すすれば、体中に染み渡る寒だらの旨み。味わうごとに身体の芯まで温まります。

関連するコンテンツ

この商品を見た人は、この商品も見ています

原材料/賞味期限

名称 寒だら鍋
内容量 2~3人前:切り身・ガラ約500g(切り身2切れ)、白子約150g、海のり15g
※豆腐・ねぎ・味噌などは入りません。
※豆腐やねぎを入れて作った際に、お椀で3~4杯分の量とお考えください。
消費期限 冷蔵2日(出荷日含む)
保存方法 10度以下で保存

※天候により漁に出られない場合がございますので日付指定はご遠慮ください。

レビュー

チェックした商品