TOP > 酒 ワイン > 日本酒 > 大山・加藤嘉八郎酒造

「大山」加藤嘉八郎酒造株式会社

創業は明治5年。山形県鶴岡市大山地区に酒蔵を構える「加藤嘉八郎酒造」。
この地を代表する酒として「大山」と命名されました。

江戸時代、大山地区は神戸の灘・広島の西条とともに酒処として並び称せられ、「東北の小灘」とも言われていました。
いまでは数件の酒蔵を残すのみとなりましたが、発酵中の菌たちの「ためいき・といき」に耳をすませて、人と酒、人と人の「調和」を醸しだすような酒造りを行っています。