商品説明

賞味期限 / 原材料

レビュー

ご注文受付期間の目安は7月上旬~9月上旬頃

だだちゃ豆と双璧をなす、知る人ぞ知る希少な枝豆

「秘伝(ひでん)」はだだちゃ豆シーズンの次に出回る枝豆で、甘さ・香り・大きさ、どれをとっても最高という意味を込めて名付けられました。もとは大豆として食べる品種でしたが、「秘伝は枝豆こそ美味い」と近年注目を集めています。
清川屋では、東根市長瀞(ながとろ)地区で秘伝豆栽培の先駆者的存在である農家さんと直接契約し、厳選した秘伝豆の枝豆をお届けしています。かみしめるほどに溢れる野性味ある旨味が魅力です。

秘伝豆_イメージ

山形の隠れた逸品「秘伝豆」

山形県でも海側、庄内地方の名産「だだちゃ豆」は、今や「枝豆の王様」として、全国的にその名が知られるようになりました。
そんな中、山形県の内陸地方でひそかに栽培され、地元の人々に愛され続けてきた、枝豆があったのです。 ―その名も、「秘伝豆(ひでんまめ)」。
もともと、大豆として食すことが多かったこの豆が、「秘伝は、枝豆こそウマイ!」と近年グルメな方々からの注目を集めるようになりました。

尾浦だだちゃ豆_イメージ 尾浦だだちゃ豆_紫色の花をつけます

甘さ・香り・大きさ三拍子揃った枝豆

甘さ・香り・大きさ、どれをとっても最高という意味を込めて名づけられた枝豆「秘伝」。
秘伝豆は、昔から保存食として大豆で食べられることが多く、生の枝豆としてはあまり出回っていませんでした。
しかし、枝豆・大豆両方で食べられ、他にも、乾燥豆・秘伝味噌・秘伝豆腐などの高級こだわり品として幅広く愛されている秘伝豆を、今回特別に枝豆として確保しました。

秘伝豆栽培の先駆者と直接契約

秘伝豆の産地は、山形県東根市長瀞(ながとろ)地区。
その昔、最上川での氾濫によって、この地区には肥沃な土壌が作られ、秘伝豆の栽培に適した土地になりました。
「まずは食べたことない皆さんに食べてもらいたい。そうすればわかる。」と語るのは、長瀞地区で秘伝豆栽培の先駆者的存在である生産者・菊池さん。枝豆好きにはぜひとも試していただきたい、山形の絶品枝豆です。

imageM

お客様の声

◆だだちゃ豆が終わったら秘伝豆だとしっかり覚えました
erimura3 様
だだちゃ豆はお馴染みでも、初めて食べる秘伝豆。
さてどんなものが届くかと思ったら、まず見た目がすごくきれいな枝豆。豆も大きくて茹で上がりの色も緑が濃い。味も期待に違わず美味しかったです。
ただ、結構茹でても硬かったので、私は硬めが好きなので問題ありませんでしたが、柔らかめが好きな方には向かないかもしれませんね。
来年からはだだちゃ豆が終わったら秘伝豆だとしっかり覚えました。

◆秘伝豆が一番好き
popokun 様
今年はもう終わってしまいましたが、2度購入できました。
何年か続けてだだちゃ豆を購入してきましたが、今年お目見えの秘伝豆が一番好きです。
また来年購入できることを楽しみにしています。

◆おいしい!!やめられない、とまらない
ユニオーレスなんちゃん 様
楽しみにしていた秘伝がきました。緑あざやかでいかにもおいしそう。
茹で時間は短めで、やや歯ごたえが残る程度に茹でました。
おいしい!!やめられない、とまらない、です。
おいしい枝豆にはありつけそうにない頃ですので、よけいにおいしい。ビールが進みそうです。

関連するコンテンツ

この商品を見た人は、この商品も見ています

消費期限

名称 枝豆
内容量 400g×3袋
産地 山形県東根市
保存方法 ・生の秘伝豆・茹でた後の秘伝豆、どちらも冷蔵庫に入れて保存してください。

・生の秘伝豆はすぐに鮮度が落ちてしまいます。
到着後は必ず冷蔵庫に入れ、できるだけお早めに茹でてお召し上がりください。(常温に置くと風味が落ちてしまいます。)

・茹でた秘伝豆は、冷凍保存が可能です。(約1ヶ月ほど保存可能)
冷凍保存する場合、少し固めに茹でると、解凍後の食感がよくなります。

レビュー

香り・味わい・大きさが揃った絶品枝豆
秘伝豆 400g×3袋

商品番号 S0042
¥ 2,850 税込
送料個別 ¥ 1,180
[ 29 ポイント進呈 ]
産直便 冷蔵便

同梱可能商品:

  • 常温便
  • 冷蔵便
  • 冷凍便

サイズ / バリエーション

2024年分は予約開始お知らせ登録がおすすめです
数量
4.00
2
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    鶴岡と言えば、だだちゃ豆。清川屋さんは、お漬物も、スイーツも何でも美味しいですが、夏の終わりを愛おしむために、秘伝豆を送って頂きました。大きいさやに実がぎっしりで、見た目も味でも満足して、美味しく頂きました。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    先程の注文ですけど、初めての香味大変楽しみですね!

シェアする

商品説明

賞味期限 / 原材料

レビュー

ご注文受付期間の目安は7月上旬~9月上旬頃

だだちゃ豆と双璧をなす、知る人ぞ知る希少な枝豆

「秘伝(ひでん)」はだだちゃ豆シーズンの次に出回る枝豆で、甘さ・香り・大きさ、どれをとっても最高という意味を込めて名付けられました。もとは大豆として食べる品種でしたが、「秘伝は枝豆こそ美味い」と近年注目を集めています。
清川屋では、東根市長瀞(ながとろ)地区で秘伝豆栽培の先駆者的存在である農家さんと直接契約し、厳選した秘伝豆の枝豆をお届けしています。かみしめるほどに溢れる野性味ある旨味が魅力です。

秘伝豆_イメージ

山形の隠れた逸品「秘伝豆」

山形県でも海側、庄内地方の名産「だだちゃ豆」は、今や「枝豆の王様」として、全国的にその名が知られるようになりました。
そんな中、山形県の内陸地方でひそかに栽培され、地元の人々に愛され続けてきた、枝豆があったのです。 ―その名も、「秘伝豆(ひでんまめ)」。
もともと、大豆として食すことが多かったこの豆が、「秘伝は、枝豆こそウマイ!」と近年グルメな方々からの注目を集めるようになりました。

尾浦だだちゃ豆_イメージ 尾浦だだちゃ豆_紫色の花をつけます

甘さ・香り・大きさ三拍子揃った枝豆

甘さ・香り・大きさ、どれをとっても最高という意味を込めて名づけられた枝豆「秘伝」。
秘伝豆は、昔から保存食として大豆で食べられることが多く、生の枝豆としてはあまり出回っていませんでした。
しかし、枝豆・大豆両方で食べられ、他にも、乾燥豆・秘伝味噌・秘伝豆腐などの高級こだわり品として幅広く愛されている秘伝豆を、今回特別に枝豆として確保しました。

秘伝豆栽培の先駆者と直接契約

秘伝豆の産地は、山形県東根市長瀞(ながとろ)地区。
その昔、最上川での氾濫によって、この地区には肥沃な土壌が作られ、秘伝豆の栽培に適した土地になりました。
「まずは食べたことない皆さんに食べてもらいたい。そうすればわかる。」と語るのは、長瀞地区で秘伝豆栽培の先駆者的存在である生産者・菊池さん。枝豆好きにはぜひとも試していただきたい、山形の絶品枝豆です。

imageM

お客様の声

◆だだちゃ豆が終わったら秘伝豆だとしっかり覚えました
erimura3 様
だだちゃ豆はお馴染みでも、初めて食べる秘伝豆。
さてどんなものが届くかと思ったら、まず見た目がすごくきれいな枝豆。豆も大きくて茹で上がりの色も緑が濃い。味も期待に違わず美味しかったです。
ただ、結構茹でても硬かったので、私は硬めが好きなので問題ありませんでしたが、柔らかめが好きな方には向かないかもしれませんね。
来年からはだだちゃ豆が終わったら秘伝豆だとしっかり覚えました。

◆秘伝豆が一番好き
popokun 様
今年はもう終わってしまいましたが、2度購入できました。
何年か続けてだだちゃ豆を購入してきましたが、今年お目見えの秘伝豆が一番好きです。
また来年購入できることを楽しみにしています。

◆おいしい!!やめられない、とまらない
ユニオーレスなんちゃん 様
楽しみにしていた秘伝がきました。緑あざやかでいかにもおいしそう。
茹で時間は短めで、やや歯ごたえが残る程度に茹でました。
おいしい!!やめられない、とまらない、です。
おいしい枝豆にはありつけそうにない頃ですので、よけいにおいしい。ビールが進みそうです。

関連するコンテンツ

この商品を見た人は、この商品も見ています

消費期限

名称 枝豆
内容量 400g×3袋
産地 山形県東根市
保存方法 ・生の秘伝豆・茹でた後の秘伝豆、どちらも冷蔵庫に入れて保存してください。

・生の秘伝豆はすぐに鮮度が落ちてしまいます。
到着後は必ず冷蔵庫に入れ、できるだけお早めに茹でてお召し上がりください。(常温に置くと風味が落ちてしまいます。)

・茹でた秘伝豆は、冷凍保存が可能です。(約1ヶ月ほど保存可能)
冷凍保存する場合、少し固めに茹でると、解凍後の食感がよくなります。

レビュー

チェックした商品