TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 種類で選ぶ > 冷凍特撰だだちゃ豆

一年中食べたいという願いをかなえた
冷凍特撰だだちゃ豆の誕生

冷凍特撰だだちゃ豆

『だだちゃ豆』は、8月からの1ヶ月ほどしか収穫されません。
茹でたての芳醇な香り、口いっぱいに広がる何とも言えない甘さ…この美味しさを、なんとか一年中味わうことができないものか?そんな思いを実現させたのが、この「冷凍特撰だだちゃ豆」です。

通常、一般家庭で冷凍保存しても、だだちゃ豆特有の味と香りを再現するのは難しいのですが、
・独自の固茹で製法
・マイナス 45 ℃の急速冷凍

により、旬の味に限りなく近づけることができ、1年を通して、栄養価抜群で美味しいだだちゃ豆を楽しんでいただくことができるようになりました。



山形県鶴岡市でしか育たない、極上の枝豆「だだちゃ豆」

「だだちゃ豆」は【枝豆の王様】とも呼ばれる山形県鶴岡市の名産品。他の枝豆に比べると小ぶりながら、噛めば噛むほど味わいが増し、旨みと甘みが口いっぱいに広がります。
だだちゃ豆発祥の地が鶴岡市白山(しらやま)地区。 だだちゃ豆はこの地区の人々によって、大切に守り育てられてきました。またその種は、長い間、門外不出であり、土地の特徴からここにしか育たないといわれています。

美味しさを追求して…清川屋独自の厳しい選別基準

清川屋の特撰だだちゃ豆は、清川屋のバイヤーの管理のもと、しっかりと豆の選別をしています。実入りが悪いもの、見た目が汚いものは全てはじき、安定した品質を保っています。
しっかりとした選別ができるのも、選ばれた生産者の存在があってこそ。清川屋では、専属に契約した農家さんとしか取引をしていません。
だだちゃ豆作りに真摯に取り組み、常にお客様のことを考えてくださる農家さんとお付き合いさせていただいています。

だだちゃ豆の美味しさを一層引き立てる日本海産塩

だだちゃ豆のための海水100%の釜炊きの塩をご用意しました。日本海から汲み上げた海水を24時間見張り続け低温でじっくり4度も釜炊きします。こうして作り出された塩は、 ダイヤモンドのように白く輝く、きれいな結晶となります。
なめらかな口当たりで、口の中でふわっとやさしい自然な甘さが広がり、だだちゃ豆の美味しさを一層引き立たせます。

ただいまこちらも受付中です!

旬のだだちゃ豆予告