TOP > 清川屋のだだちゃ豆

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 種類で選ぶ > 白山村産だだちゃ豆 > 木箱入白山だだちゃ豆 > 甚兵衛白山だだちゃ豆

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 時期で選ぶ > 8月中旬〜 > 甚兵衛白山だだちゃ豆

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 目的で選ぶ > ご進物におすすめのだだちゃ豆 > 木箱・竹簾箱入 > 甚兵衛白山だだちゃ豆

TOP > 通販カタログのご案内 > こころづくし山形 だだちゃ豆号

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 予算で選ぶ > 5,000円以上のだだちゃ豆

「残暑見舞いで送れば、間違いなく喜ばれます。」(購入者さま)

手植えにこだわる 頑固親父の心意気

白山では、美味しいだだちゃ豆を作る家は、その家の屋号を冠した豆が通り名として知られてきました。7代目甚兵衛の屋号を継ぐ阿部金一さんは、豆作り40年のベテラン。
「美味しい豆を作るのに手間を惜しんではダメだ」と、通常に比べ倍以上の45p間隔に手作業で苗を植えるので、日光がよく当たり生き生きと育ちます。
さやのくびれが大きくコクが抜群で、豆好きもうならせる味わいです。
≫「甚兵衛 白山だだちゃ豆」について 詳しくはこちら
≫白山村産だだちゃ豆の商品ラインナップ 詳しくはこちら

甚兵衛白山だだちゃ豆 木箱入 <本豆>8月中旬〜下旬お届け 【手植えにこだわる7代目の枝豆 清川屋のダダチャ豆 茶豆】

商品番号 HA725

6,050円(税込)

[ 送料パターン 産直冷蔵便 ]

お届け時期(日付指定不可)
数量
クール便でお届けします

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
甚兵衛白山だだちゃ豆 木箱入 <本豆>8月中旬〜下旬お届け 【手植えにこだわる7代目の枝豆 清川屋のダダチャ豆 茶豆】
拡大 Prev Next

アイテムイメージ

甚兵衛白山だだちゃ豆 木箱入 <本豆>8月中旬〜下旬お届け 【手植えにこだわる7代目の枝豆 清川屋のダダチャ豆 茶豆】アイテムイメージ本豆です配送方法-産直冷蔵(同梱一部不可)

ギフト対応いたします 配送-冷蔵産直-1
注意事項 お届け日の指定はご遠慮ください。
天候や収穫状況により、お届け時期が前後する場合がございます。
旬の時期にお届けいたしますので、予めご了承ください。

○その日最もよいものをお届けするため、異なる商品をご注文の場合やお届け先が複数ある場合は、お届け時期に差が生じる場合がございます。予めご了承ください。

○変更・キャンセルなどがございましたら、お早めにご連絡ください。
お受け取りできない期間(平日、時間帯、長期不在の予定など)がございましたら、通信欄にご記入ください。
商品詳細
名称 枝豆
内容量 「甚兵衛」白山だだちゃ豆(本豆) 1kg(木箱入り)
産地 山形県鶴岡市白山地区
消費期限 生のだだちゃ豆はすぐに鮮度が落ちてしまいます。
到着後は必ず冷蔵庫に入れ、できるだけお早めに茹でてお召し上がりください。
(常温に置くと風味が落ちてしまいます。)
保存方法 生のだだちゃ豆・茹でた後のだだちゃ豆、どちらも冷蔵庫に入れて保存してください。

茹でただだちゃ豆は、冷凍保存が可能です。(約1ヶ月ほど保存可能)
冷凍保存する場合、少し固めに茹でると、解凍後の食感がよくなります。
販売者 株式会社 清川屋
山形県鶴岡市宝田1丁目4-25
※包装・パッケージは予告なく変更になる場合がございます。



豆との対話を大切に
手植えにこだわる頑固親父の心意気「甚兵衛」

甚兵衛白山だだちゃ豆

白山地区では、美味しいだだちゃ豆を作る家は、その家の屋号を冠した豆が通り名として知られてきました。
だだちゃ豆発祥の地・白山地区で「甚兵衛」の屋号を受け継ぐ7代目の阿部金一さん。
機械化が進んだ今でも手上にこだわり、収穫も豆と対話しながら手作業です。
代々受け継がれる味を大切な方へ―コクと甘みのある奥深い味わいをご堪能ください。



コクと甘み抜群!甚兵衛7代目の味わい

甚兵衛

「甚兵衛」の屋号を受け継ぐ7代目阿部金一さんは、だだちゃ豆作り40余年の大ベテランです。
阿部さんが作るだだちゃ豆は、他のだだちゃ豆と比べてくびれが大きく、コクと甘みが抜群。
だだちゃ豆ツウをもうならす逸品です。

手植えと苗の間隔にこだわる

甚兵衛

阿部さんは、機械化が進んだ今でも手植えにこだわり、二町歩(約6,000坪)ほどの畑すべてに、手で苗を植えます。
また、他の畑に比べて倍以上の45cmの間隔で苗を植えるため、日がよく当たり、生き生きとした苗が育つのです。
「本当に美味しい豆を食べてもらうために、手間を惜しんではダメだ」と語る阿部さん。
収穫も豆と対話しながら、手作業です。

大切な方への贈り物に。夏の感動を木箱に詰めて

甚兵衛

だだちゃ豆の本場・白山地区で代々受け継がれてきた屋号の味わいを、丁寧に木箱に詰めました。
茹でたての香りのよさ、コク、甘みは絶品です。
大切な方への季節のご挨拶にいかがですか。

生産者紹介

「“やめられない、とまらない”だだちゃ豆を目指して」〜7代目「甚兵衛」・阿部金一さん〜
  

甚兵衛

抜群のコクと甘み。究極のだだちゃ豆を作り続ける7代目「甚兵衛」。
ツウをも唸らせる深い味わいのだだちゃ豆「甚兵衛だだちゃ豆」の生産者、阿部金一さんに、だだちゃ豆栽培についてお話を伺いました。

Q.阿部さんが考える“理想のだだちゃ豆”とは?

「甘すぎる豆は飽きるでしょ。口に入れた時、最初の甘さはしっかり、噛んでいくうちにコクが出てきて、気付いたら2個3個と次々と手が伸びちゃう。
そういう“やめられない、とまらない”って豆が理想だな。」

≫やめられない味を探求する「甚兵衛」7代目阿部さんのインタビュー 続きはこちらから

清川屋のだだちゃ豆は鮮度が違います

こちらは【本豆】のだだちゃ豆です


長五郎白山だだちゃ豆

研究熱心な7代目が育てる、コクと甘みのある逸品を木箱に詰めて大切な方へ贈ります。