TOP > 通販カタログのご案内

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 種類で選ぶ > 白山村産だだちゃ豆 > 木箱入白山だだちゃ豆 > 市左衛門白山だだちゃ豆

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 時期で選ぶ > 8月中旬〜 > 市左衛門白山だだちゃ豆

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 目的で選ぶ > ご進物におすすめのだだちゃ豆 > 木箱・竹簾箱入 > 市左衛門白山だだちゃ豆

TOP > 通販カタログのご案内 > こころづくし山形 だだちゃ豆号

TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 予算で選ぶ > 5,000円以上のだだちゃ豆

「あまい香りと味が口いっぱいに広がりました。」(購入者様)

独自の土作りが生む伝統の味わい

冨樫家23代目、冨樫護さんの作るだだちゃ豆です。白山では、美味しいだだちゃ豆を作る家は、その家の屋号を冠した豆が通り名として知られてきました。受け継がれてきた美味しさは村一番と名高い逸品です。
土作りにこだわり、油かすやカニ殻などを発酵させ毎年1tもの有機質肥料を手作業で作ります。
生で食べても甘みを感じるほどの、丹誠込めて作られた逸品を木箱に入れてお届けします。
≫「市左衛門 白山だだちゃ豆」について 詳しくはこちら
≫白山村産だだちゃ豆の商品ラインナップ 詳しくはこちら

《今季の受付は終了しました》
市左衛門白山だだちゃ豆 木箱入 <本豆>8月中旬〜下旬お届け 【23代目が受け継ぐ伝統の味わい 清川屋のダダチャ豆 茶豆】

商品番号 HA722

6,250円(税込)

[ 送料パターン 産直冷蔵便 ]

お届け時期(日付指定不可)

準備中

クール便でお届けします

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
市左衛門白山だだちゃ豆 木箱入 <本豆>8月中旬〜下旬お届
拡大 Prev Next

アイテムイメージ

市左衛門白山だだちゃ豆 木箱入 <本豆>8月中旬〜下旬お届市左衛門白山だだちゃ豆 木箱入手がとまらない〜!ビールのお供に最高です!白山村産だだちゃ豆とは?清川屋とだだちゃ豆白山だだちゃ豆の声朝採り直送で、鮮度よく全国へ出荷!この商品は【本豆】のだだちゃ豆です産地から冷蔵便でお届けします

ギフト対応いたします 配送-冷蔵産直-1
注意事項 お届け日の指定はご遠慮ください。
天候や収穫状況により、お届け時期が前後する場合がございます。
旬の時期にお届けいたしますので、予めご了承ください。

○その日最もよいものをお届けするため、異なる商品をご注文の場合やお届け先が複数ある場合は、お届け時期に差が生じる場合がございます。予めご了承ください。

○変更・キャンセルなどがございましたら、お早めにご連絡ください。
お受け取りできない期間(平日、時間帯、長期不在の予定など)がございましたら、通信欄にご記入ください。
商品詳細
名称 枝豆
内容量 「市左衛門」白山だだちゃ豆(本豆) 1kg(木箱入り)
産地 山形県鶴岡市白山地区
消費期限 生のだだちゃ豆はすぐに鮮度が落ちてしまいます。
到着後は必ず冷蔵庫に入れ、できるだけお早めに茹でてお召し上がりください。
(常温に置くと風味が落ちてしまいます。)
保存方法 生のだだちゃ豆・茹でた後のだだちゃ豆、どちらも冷蔵庫に入れて保存してください。

茹でただだちゃ豆は、冷凍保存が可能です。(約1ヶ月ほど保存可能)
冷凍保存する場合、少し固めに茹でると、解凍後の食感がよくなります。
販売者 株式会社 清川屋
山形県鶴岡市宝田1丁目4-25
※包装・パッケージは予告なく変更になる場合がございます。



独自の土作りが生む伝統の味わい
23代目の情熱が詰まった逸品「市左衛門」

市左衛門白山だだちゃ豆

白山地区では、美味しいだだちゃ豆を作る家は、その家の屋号を冠した豆が通り名として知られてきました。
だだちゃ豆発祥の地・白山地区で、430年余り続く冨樫家の23代目・冨樫護さん。屋号「市左衛門」を受け継ぎます。
代々守り続けてきただだちゃ豆は、生で食べてもじんわり甘みを感じる逸品です。
伝統の手法と探求が生む味わいをご堪能ください。



生で食べても感じる甘み

市左衛門

23代目市左衛門の冨樫さんが作るだだちゃ豆は、清川屋食味検査で2年連続第1位を記録しました。
代々受け継がれてきた美味しさは、村一番と名高い逸品。
採れたてのだだちゃ豆は、生で食べてもじんわりと甘みを感じます。

美味しさの秘訣は土作り

市左衛門

冨樫さんは、油粕やカニ殻などを発酵させ、毎年1トンもの独自の肥料を土壌に混ぜ込みます。 この豊かな土壌で育っただだちゃ豆は、風にも負けない強い苗に育ちます。
苗は40cmと広めの間隔で畑に植えられ、豊かな味わいの豆を実らせるのです。

大切な方への贈り物に極上の一粒を

市左衛門

だだちゃ豆の本場・白山地区で代々受け継がれてきた屋号の味わいを、丁寧に木箱に詰めました。
伝統の手法とだだちゃ豆への情熱が育む、極上のだだちゃ豆。
大切な方への季節のご挨拶にいかがですか。

生産者紹介

「いかに安定した味を提供していくかが大事」〜「市左衛門」冨樫家23代目・冨樫護さん〜
  

市左衛門

村一番の美味しさと名高い「市左衛門」。
そんな「市左衛門」を作る冨樫家23代目・冨樫護さんにだだちゃ豆栽培についてお話を伺いました。

Q.冨樫さんがだだちゃ豆を育てるうえで大事にしている信念は?

「毎年考えているのは、安定した味をどうやって提供していくかということ。
新しいテクニックをどんどん取り入れる、というよりも、まずはお客様に美味しいと言ってもらえるのが一番だからね。」

≫伝統の栽培方法と探究心が生む冨樫さんのだだちゃ豆 続きはこちらから

清川屋のだだちゃ豆は鮮度が違います

こちらは【本豆】のだだちゃ豆です


長五郎白山だだちゃ豆

土作りからこだわり抜いた、伝統の味わいを木箱に詰めて大切な方へ贈ります。