TOP > 野菜 山菜 > トマト

今日の主役は、感動の完熟トマト

トマト

「甘いだけのトマトはいくらでもある。しかし、それは印象に残らない。
甘みをより甘くさせるには酸味が必要なんだ」とは、こだわりトマト生産者の井上さん。

「うちの夏のメニューは、いつも井上さんの極上トマトなんだ。
こんなにもバランスが良くて、味が凝縮したトマトは、他にはないよ」と語るのは、
テレビ情熱大陸にも登場し、地方にいながら全国区の人気を誇るイタリアンレストラン”アルケッチァーノ”の奥田政行シェフ。完熟と有機質肥料での栽培にこだわった、本当に美味しいトマトの魅力を存分に引き出す夏限定の冷製パスタは特に評判です。

夏しか食べられない感動のトマト。あなたも食べてみませんか。



Cucina Verdure Alla Shounaise ALche-cciano

「アル・ケッチァーノ」は、
庄内の旬彩オーガニック素材を使った、
地産池消の創作イタリアンレストラン。

そのレストランのオーナーの奥田シェフは、山形県の「食の親善大使」にも任命されています。

主役のトマト畑を直撃!

8月中旬のトマトハウスでは、
私の背丈もゆうに越えた青々とつるや葉っぱが伸びていて、
葉っぱの間から真っ赤に輝くミディーたちが「はやく獲って〜」と待っています。

「まず、食べて。一番赤いところね。」と井上さん。
ヤッホー!食べちゃいました。

「うわぁ。あまーい。・・・だけじゃない。濃〜い!美味しい!!」

口の周りじゅるじゅるになりながら1個丸かじりした私たち。
そういえば・・・・。トマト食わず嫌いだった私も、畑でトマト食べて以来好きになったんだっけ。
そんな昔懐かしいトマト本来の味・・。
食べ終わった後も、その甘さの象徴か、手はべとべとしたまま。(笑)
でもそれも気にならないくらい、トマトの味に感動!

土をみると・・
あれ?結構乾燥してる?
その時甦ってきたのは、アルケッチァーノ奥田シェフの言葉。

「野菜って知ってます?原産国にできるだけ近い気候や条件に合わせると、
本来の味が出てすごく美味しくなるんですよ。」
あ、そうだ。トマトの原産国は南米だった・・・。

「水やりは1週間から10日に一度。
厳しい条件を作ってあげると、味の凝縮したトマトができる。
でも一歩間違うと生理障害が出てくるから、難しいんだ。」
と井上さん。

そのご苦労がひしひしと感じます。
「トマトは手間ひまがまず一苦労。
ほとんど利益は考えてないよ。楽しんでつくってる趣味みたいなもんだ。(笑)」
トマトへの"情熱"をもって、こだわり続ける井上さんでした。