TOP > ・季節イベント > お歳暮・冬ギフト

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示 



157 件中 1-60 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ






















157 件中 1-60 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ


ギフト対応
ギフト対応
ギフト対応
ギフト対応
ギフト対応
ギフト対応




安心のサポートシステム
安心のサポートシステム

●フリーダイヤル:0120-42-0222 
午前10時〜午後6時(日曜を除く)

清川屋公式LINEからチャットでも承ります

お問い合わせフォームはこちら






お歳暮豆知識


Q.お歳暮とは?

お歳暮という言葉は、もともとは年の暮れ、年末という意味を表わす言葉でした。
毎年、年の暮れになると、一年間にお世話になった方々に贈り物を持参してまわる習慣ができ、これを歳暮回り(せいぼまわり)と言うようになりました。
この歳暮回りが、やがて贈答品そのものを「御歳暮」と呼ぶようになり、現代に至っています。
以前はお世話になった人、取引先や上司、仲人、お稽古ごとの先生などに贈るのが中心でしたが、近年ではお世話になった人だけでなく、親愛の情を込めて友人・知人や親族にも贈るお歳暮へと少しずつ変化しています。


Q.お歳暮とお中元の違いは?

お歳暮とお中元は贈る時期が異なります。
お歳暮は、東日本で11月下旬〜12月20日前後、西日本では12月13日〜20日前後までに贈るのが一般的です。
贈る時期は地域によって異なりますが、送り先の地域の習慣に合わせて贈るのがマナーなので、時期を間違えないように気をつけましょう。

お中元とお歳暮はセットで贈るのが一般的ですが、どちらかというと一年の締めくくりであるお歳暮のほうが重視される傾向があります。
どちらも贈る場合は、お歳暮のほうで気持ち高めの品物を贈るのがマナーとされています。


Q.いつ贈ったらよいでしょうか?

一般的には、12月13日〜20日前後までがお歳暮を贈る時期とされていますが、年々早くなる傾向にあり、東日本では11月末からお歳暮が届くことがあります。
また、東日本と西日本ではお歳暮を贈る時期の目安が若干異なります。
どちらも12月31日までに届けば問題ありませんが、お歳暮が届く時期があまり遅くなると迷惑になる可能性があるので、地域を問わず12月20日ごろまでに届くように手配する方が無難です。
(ただし、品物がお正月に使用するための生鮮食品の場合は、遅く届けることをおすすめします。)


Q.贈る時期を逃してしまいました…

事情があって時期を逃してしまった場合は「お年賀」として贈ります。お年賀を贈る時期も東日本と西日本で異なり、東日本では1月7日の松の内までに、西日本では1月15日までに届くようにします。
さらに遅れた場合は、松の内が過ぎてから、2月4日の立春までに「寒中見舞い」として贈ります。


Q.何を贈ればいいの?

お世話になった方へ日頃の感謝を込めて贈るお歳暮ギフト。お中元よりも少し高めのギフトが選ばれる傾向にあります。
清川屋のお歳暮・冬ギフトで根強い人気を誇るのはやはり旬のフルーツ。山形が誇る冬のフルーツ「ラ・フランス」や知る人ぞ知る「山形のりんご」は、先様に喜ばれたというお声を多く頂戴しています。
米沢牛や平牧三元豚などのブランド肉、ご家族皆でお召し上がりいただける和菓子洋菓子山形の地酒などもお歳暮ギフトとして根強い人気があります。また、年末年始を見越しておもちおせち料理を贈る方もいらっしゃいます。


Q.お歳暮の相場はどのくらい?

一般的に3,000円〜5,000円台程度が相場ですが、どのくらいの金額のものを贈るかは日頃お世話になっている度合いで決めます。

〇両親や親戚、上司など目上の方へ:5,000円程度
〇友人や知人、同僚、ご近所の方へ:3,000円程度

また、特別にお世話になった方には10,000円程度の品物を贈る場合もあります。
いずれにしても、あくまで感謝の気持ちが第一ですので、相手が喜ぶギフト選びを心がけるとよいでしょう。