TOP > 季節イベント > やまがたとひなまつり

山形の春を伝える 大切な季節行事

やまがたとひなまつり

山形県では2月〜4月に各地で「ひな街道」と呼ばれるイベントが開催されます。
その一つ、毎年3月1日から4月3日にかけて、庄内各地で由緒ある雛人形などが展示される「酒田雛街道」。
開催中は、酒田市の旧料亭「山王くらぶ」では豪奢な傘福が一同に展示されます。色鮮やかな和傘に吊るされた可愛らしいうさぎや花笠、様々なデザインで作られた布飾りで部屋全体が赤く染まり、室内は華やかな雰囲気に包まれます。

山形県公式観光サイト「桃の節句に雛巡り」情報はこちら(別ページで開きます)≫



成長・無病息災を願う「傘福」

「傘福(かさふく)」とは、江戸時代から酒田市に伝わる吊るし飾りです。家族の幸せや子供の成長・無病息災を願い、神社仏閣に奉納する風習が、料亭文化が花咲く酒田の風土に合わせて色鮮やかで豪華な傘福へと変化していきました。その美しさは後世に伝えられ、福岡県柳川市の「さげもん」、静岡県東伊豆町稲取の「雛の吊るし飾り」とともに、「日本三大吊るし飾り」に数えられています。人々の願いが込められた美しい細工物の数々は、その場にあるだけでほっと安らぐ気持ちにさせてくれます。
一針一針心を込めて縫い上げられる細工物には、ひとつひとつ様々な願いと思いが込められています。

手づくりの温もりと和の趣『出羽の久寿』

鶴岡に古くから伝わる「出羽の久寿(くず)」。 江戸時代に、酒井のお殿様が葛栽培を奨励していたこともあり、葛が多く自生していた鶴岡。
その葛を使って、お殿様に「大菊・小菊」の名前で勤納していたという、かなり由緒あるお菓子です。 ”くず湯”にしても美味しく、そのまま食べてもポリポリとほのかな甘味がお茶請けにもよい『出羽の久寿』です。
季節を形づくった何ともかわいらしい葛。春の時期だけの可愛らしいお雛様の葛菓子もございます。 忘れかけていた、和の趣を楽しんでみませんか。

出羽の久寿の手作りの様子を取材しました!ブログはこちらから≫

12 件中 1-12 件表示 






12 件中 1-12 件表示