TOP > 清川屋のだだちゃ豆 > 種類で選ぶ > 白山村産だだちゃ豆 > 木箱入白山だだちゃ豆 > 元祖藤十郎白山だだちゃ豆

100年の歴史を伝える
元祖の味わいを木箱に詰めて

元祖佐藤錦

白山地区では、美味しいだだちゃ豆を作る家は、その家の屋号を冠した豆が通り名として知られてきました。
「藤十郎」は、白山で最初にだだちゃ豆を植えたとされる森屋初さんの子孫である、森屋家当代・森屋徹さんが育てるだだちゃ豆。
見た目の良いものを厳選し、木箱に入れてお届けいたします。



白山だだちゃ豆の元祖「藤十郎」

元祖藤十郎

白山村産だだちゃ豆の始まりは、明治後期。
鶴岡市白山に住む、森屋藤十郎家の分家、森屋初という一人の女性が、隣村の寺田から貰い受けた種を植えたところ美味しい豆ができたため、その種を保存し増やしていったのが起源と言われています。
その森屋初さんの子孫である森屋家当代、森屋徹さんが作るだだちゃ豆が「藤十郎」です。

追肥を2回。手間をかけて育てる

元祖藤十郎

通常、だだちゃ豆は6月に肥料を撒くと、それ以降は追肥しませんが、森屋さんは7月以降にさらに2回追肥します。
「手間はかかるから他ではほとんどしていないが、こうすると甘さと旨みが増すんだ」と語る森屋さん。自らが納得のいく甘さにならないと収穫しません。

元祖の味わいを木箱に詰めて

元祖藤十郎

「藤十郎」白山だだちゃ豆は、元祖の地で生まれ育った希少なだだちゃ豆の中でも、特に味、見た目のよい厳選しただだちゃ豆を木箱に詰めてお届けいたします。
100年の歴史の重みを感じる白山村産だだちゃ豆の元祖を贈りませんか。

清川屋のだだちゃ豆は鮮度が違います

こちらは【本豆】のだだちゃ豆です


藤十郎白山だだちゃ豆

100年の歴史を感じる元祖の味わいを木箱に詰めて
大切な方へ贈ります

だだちゃ豆ギフト対応いたします

大切な方への贈り物に安心を。
発送には、採れたての美味しさを保つための
鮮度保持袋、特殊フィルム「オーラパック」を採用しています。

全ての商品で包装・のし紙を承ります。
メッセージカードや、小分け袋も
用意してございますので、
ご希望の方は、ご注文の際に通信欄に
ご記入ください。

ギフト対応致します

安心のサポートシステム

清川屋ではお客様に
安心してお買い物していただけるように、
「返品システム」を採用しています。
商品の傷みなどございましたら、
商品を破棄せず、お客様相談室宛に
ご連絡ください。

代替の商品をお届けするとともに商品を
引き取りにお伺いいたします。
原因を究明し、今後の改善に繋げて
参りたいと思います。

フリーダイヤル:0120−42−0222
午前10時〜午後6時(日曜・祝日・第3土曜を除く)

サポートスタッフ

こちらもぜひご覧ください

  • だだちゃ豆Q&A
  • だだちゃ豆コラム
  • だだちゃ豆お客様の声

  • だだちゃ豆3つのこだわり
  • だだちゃ豆ギフト対応いたします
  • 安心のサポートシステム