TOP > 果物 フルーツ > 清川屋の刈屋梨 > あきづき

リピーター続出!
全国のファンを魅了するブランド和梨

あきづき

シャリッとした歯ざわり、溢れる果汁、そして、口いっぱいに広がる爽やかな甘み…。
知る人ぞ知る和梨の名産地・刈屋地区より、みずみずしさと甘さが調和した、極上の和梨をお届けします。

「幸水」「豊水」から生まれた品種「あきづき」は刈屋地区で10年ほど前から栽培されています。
その大きさ、甘さ、形の良さは和梨の完成形とも言われるほど。酸味が少なく甘い果汁が際立ち、シャキシャキとした食感が特徴的です。
見た目の美しさからご贈答にも人気の一品です。



みずみずしさと甘さが調和した極上の味わい

鳥海山の麓に位置する、山形県酒田市刈屋地区は、知る人ぞ知る和梨の名産地。この地区で梨作り25年以上の達人・土井さんの刈屋梨は、糖度が13度を超え、最盛期には15度まで上がることもあります。(一般の梨は11度程度です。)
毎年、全国のファンを魅了する、土井さんの刈屋梨。
みずみずしさと甘さが調和した極上の味わいをお届けします。

冬期間の地道な手入れで生まれる甘み

梨づくりには、樹が休眠状態になる冬にしかできない「剪定」という作業があります。
土井さんは、雪が降っても休まずに、500本以上の樹を手入れします。また、背の高さほどにつくられた棚に、枝を広げて乗せてあげる「誘引」という作業も行います。
こうした冬の地道な手入れによって、春が来て樹が活動を始めたときに、すべての枝に満遍なく太陽の光が当たり、甘い梨ができるのです。

秋に実り、大玉で月のように丸く育つ「あきづき」

幸水と豊水から生まれた新しい和梨「あきづき」。
秋に実り、大玉で月のように丸く育つことから命名されました。
酸味が少なく甘みの強い、緻密でシャキシャキとした食感。 幸水や豊水とは違った味わいで、人気急上昇の品種です。

お客様の声

幸水とは違った美味しさ

一般的な料理でいえば、幸水は昆布や小魚系の出汁で作ったもので、あきづきは鰹や鯖の出汁で作る糖度や香りが強くなった料理という感じです。
例えるなら、桃も最初に出回るライトな白鳳系、シーズン後半に糖度や香りが強い白桃系のような感じの差は、和梨にもあると思いました。
しかし、他の産地にはないジューシーで糖度の高い美味しさが刈屋梨にあると思います。
来年もぜひ注文したいと思います。(mercury2294 様)

※翌年もご購入、レビューを頂戴しました!
最高の和梨

食べた時のジューシーさとシャリシャリした歯ごたえは、さすが刈屋梨!
あきづきの特徴が最大限にでている梨でした。
暖かくなってから秋までは、色々なフルーツを食べたくなり購入する品数も多くなるので、刈屋梨の注文は年に一度だけですが、クセになるおいしさです。
持った時の重量感は、水分たっぷりの梨というのがよくわかります。
シャリシャリしてますが、硬いという感覚は全くありません。心地よい歯ごたえで水菓子という表現はピッタリです。(mercury2294 様)


瑞々しい甘さで日持ちもします

送料がかかるため、高いかなと思いながらも、幸水、豊水、あきづき と購入してみました。
このように瑞々しく美味しい梨は初めてでした。
特に、豊水と あきづき は日持ちもよく、最後まで美味しく頂けました。
両親においしい梨を食べさせてあげられたことが大変嬉しいです。
本当に美味しいものを少量づつ味わう方には最適です。
送料がかかっても購入して良かったと思いました。(0nagoriyuki 様)


みずみずしい!

こんなみずみずしい梨は食べたことないです。
おいしかったです。(ご購入者 様)






太陽の光をいっぱい浴びて、丸々と育った刈屋梨。
シャリッとした歯ざわり、滴る果汁、口いっぱいに広がる爽やかな甘み…。

全国のファンを魅了する達人の和梨を今年もご堪能下さい!