山形特産品レシピ

庄内冬の風物詩!「寒だら鍋(どんがら汁)」の作り方

山形特産品レシピ

材料

  • ● 寒だら(切り身・アブラワタ・アラ約500g、白子約150g)
  • ● 海のり1袋(18g)
  • ● 豆腐1丁
  • ● 長ネギ1本
  • ● 味噌大さじ2
  • ● 酒30ml
  • ● 塩適量

作り方

  • 1.

    レシピ01

    寒だらは、アラの部分に軽く塩をふり、20分ほど置いてから熱湯をかけて臭みを取ります。

  • 2.

    レシピ02

    豆腐はひと口大、長ネギは斜め切り、寒だらの切り身を一口大に切っておきます。

  • 3.

    レシピ03

    鍋に水を入れて沸騰させ、寒だらの切り身、アラ、アブラワタを入れ、灰汁を取りながら中火で煮込みます。

  • 4.

    レシピ04

    身に火が通ったら、味噌と酒を入れて味を調えます。

  • 5.

    レシピ05

    白子、豆腐、長ネギを入れてひと煮立ちさせます。

  • 6.

    レシピ06

    実がとろっとしてきたら、お椀に盛って海のりをふんわりと乗せて出来上がり。

ワンポイント

※濃い目が好きな方は、味噌を入れる前に顆粒だしを小さじ1入れるのがおすすめです。
※大根や白菜を入れても美味しいですよ。その場合は味噌を多めに入れて味を調節してください。

レシピ動画

このレシピで使われている商品はこちら

寒だら鍋

1年で最も寒い時期に旬を迎える真鱈を山形では「寒だら」と呼び、頭から尻尾まで丸ごと使って作る「どんがら汁(寒だら鍋)」は庄内の郷土料理として親しまれています。
どんがら(アラ)・肝臓・白子の旨味を味噌仕立てで煮込み、海苔をたっぷり乗せれば日本海の恵みが体中に染み渡ります。

 
ページトップへ